鏡 (ラヴェル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

組曲『』(かがみ、Miroirs)は、モーリス・ラヴェル1905年、30歳のときに作曲した、5曲からなるピアノのための組曲。

初演は1906年1月6日パリ国民音楽協会演奏会においてリカルド・ビニェスにより行われた。

構成[編集]

全曲で約30分である。各曲が単独で演奏されることもしばしば行われており、とりわけ「道化師の朝の歌」は演奏の機会が多い。各曲は、それぞれラヴェルが所属していた「アパッシュ」のメンバーに献呈されている。

  1. 蛾(Noctuelles):詩人のレオン=ポール・ファルグに献呈。
  2. 悲しげな鳥たち(Oiseaux tristes):初演者リカルド・ビニェスに献呈。
  3. 海原の小舟(Une barque sur l'océan):画家のポール・ソルドに献呈。
  4. 道化師の朝の歌(Alborada del gracioso):批評家のミシェル・ディミトリー・カルヴォコレッシに献呈。
  5. 鐘の谷(La vallée des cloches):作曲家のモーリス・ドラージュに献呈。

管弦楽版[編集]

第3曲「海原の小舟」と第4曲「道化師の朝の歌」は作曲者自身によって管弦楽編曲が行われている。本人は前者の出来を好んでいたが、余り評判がよくなかったため封印してしまった。出版が彼の死後になったのはそのためである。

海原の小舟[編集]

道化師の朝の歌[編集]