量子生物学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

量子生物学(りょうしせいぶつがく)とは、量子力学の言葉で生命現象を記述しようとする(量子力学の考え方で生物の活動を説明しようとする)科学の一分野である。

概要[編集]

量子生物学は、通常量子論で語られる原子素粒子よりも大きい、巨視的な次元に量子論を当てはめようとする試みの嚆矢である。セント=ジェルジ・アルベルトにより提唱された。

以下の生物学的な現象が、量子論の観点から研究されている。

量子生物学の研究には、しばしばコンピュータの処理能力が律速になる。含まれる要素の数が増加すると、量子的なモデルに要する処理量は飛躍的に増加する。

独立の分野として扱われることは少なく、生物物理学生化学の枠内で「量子生物学的アプローチ」などと呼ばれることが多い。

外部リンク[編集]