邪魅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕今昔画図続百鬼』より「邪魅」

邪魅(じゃみ)は、鳥山石燕による妖怪画集『今昔画図続百鬼』に掲載されている中国の妖怪。『今昔百鬼拾遺』では日本の妖怪以外に、元々は中国の書にあった日本国外の動植物や妖怪についても掲載されており、この「邪魅」も中国のものである[1]

解説文では「邪魅は魑魅(ちみ)の類なり 妖邪(ようじゃ)の悪気なるべし」とあり、人間を害する妖怪の総称、山林の悪気を起こして人を害する妖怪、山神の一種などとして解釈されている[2]

時代の中国の書『神仙伝』には、あらゆる病気の治療に長けた王遙(おうよう)という仙人が、魔物に魅入られた者に対し、地面に牢獄を描いて魔物を呼び出し、正体を現した魔物を牢獄に入れることで病気を治したとあるが[3]、この魔物が邪魅と指摘されている[2]

妖怪漫画家・水木しげるの著書によれば、他人から恨みを買った人にだけとりつくとされる[4]

日本の妖怪が多数収録されている今昔画図続百鬼に掲載されているため、フィクションでは、しばしば中国の妖怪でありながら日本の妖怪として登場することもある。水木しげるの『ゲゲゲの鬼太郎』では、毒気を吹き出す妖怪として、魍魎のビジュアルで登場した。邪魅が魍魎の姿である理由は、水木は単に「間違えた」と述べている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 多田克己 『百鬼解読』 講談社講談社文庫〉、2006年、20頁。ISBN 978-4-06-275484-2
  2. ^ a b 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛監修、国書刊行会1992年、156頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  3. ^ 葛洪神仙伝」『中国古典文学大系』第8巻、沢田瑞穂他訳、平凡社1969年、372頁。
  4. ^ 水木しげる 『妖怪大図鑑』 講談社〈講談社まんが百科〉、1994年、36頁。ISBN 978-4-06-259008-2
  5. ^ 京極夏彦・多田克己・村上健司 『妖怪馬鹿』 新潮社〈新潮OH!文庫〉、2001年、348頁。ISBN 978-4-10-290073-4

関連項目[編集]