超感覚的知覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

超感覚的知覚(ちょうかんかくてきちかく、Extrasensory Perception)は、五感や論理的な類推などの通常でありきたりの手段を用いずに、外界に関する情報を得る能力[1]。 しばしばESP(イー・エス・ピー)とも呼ばれる(これはExtrasensory Perceptionの省略形である[1])。まれに「感覚外知覚[1]」とも。

超能力の一種とされる。日本以外では一般にPSI(サイ)という概念に含めて把握されている。

概説[編集]

超感覚的知覚にはテレパシー予知透視千里眼などが含まれるとされている[1]。従来の定義では予知は含まれていなかったが、新しい定義ではそれも含めている、ともされる[2]

現代から見て、超感覚的知覚に属すると思われるような現象については、古来数多くの記録がある[1]。一例を挙げれば、六神通サンスクリット:abhijñā、 パーリ語:abhiññā)などにもそのような能力が含められていて、修行などでそういった能力を得た人がいる、としているような文書が残されているのである。ただし、このような能力に関する学問的で本格的な研究は、20世紀のJ.B.ラインに始まると言ってよいだろう[1]。(ラインは1934年、Extra-Sensory Perception[3]を出版した。これは彼の最初の著書である)

超心理学では一般に、超能力をESPとPK(念力)に大別している[1]

1990年にプリンストン宗教研究センタ—が行った調査では、アメリカ人の約半数が何らかの超感覚的知覚の存在を信じているとされた。

超心理学研究者などは一般に、超感覚的知覚の能力を持つ者については、少し広い概念を用いて「psychic サイキック」と呼んでいる。SF作品(やそれに準じたテレビゲーム作品)などでは、ESP能力を持つ人物を「ESPER エスパー」と呼んでいるが、そう呼ぶのは基本的に作品内だけなので、こちらの方はSF用語である[1]

関連文献[編集]

  • 萩尾重樹、黒田輝彦「催眠による超感覚的知覚の研究 (1) : リズルの透視訓練について」鹿兒島経大論集 15(4), 四六二-四九七, 1975-03-15 [1]
  • 萩尾重樹、黒田輝彦、江頭幸晴「催眠による超感覚的知覚の研究 (2) : ステパネクを被験者とした初期の実験について」鹿兒島経大論集 17(2), 111-131, 1976-09-10 [2]
  • 萩尾重樹、黒田輝彦、江頭幸晴「催眠による超感覚的知覚の研究 (3) : 「焦点効果」を中心にして」鹿兒島経大論集 17(4), 83-111, 1977-03-10 [3]
  • 斎藤忠資「五次元界モデルと超意識体」人体科学 14(1), 41-49, 2005-05-30

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 羽仁礼 『超常現象大事典』 成甲書房、2001年、p.38。ISBN 978-4880861159
  2. ^ 明治大学 石川幹人 用語解説
  3. ^ Extra-Sensory Perception. Boston, MA, US: Bruce Humphries.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]