貝合わせ (性技)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

貝合わせ(かいあわせ)は、女性同士性行為の一種。対義語は兜合わせ

概要[編集]

貝殻に見立てた女性器同士を直接擦り合わせる性行為(素股)を指す。双頭ディルドペニスバンドを介して行う結合行為とは異なる。

男女間の性行為やディルド・ペニスバンドを使用した場合のような快楽は得られないが、感度が良く腰使いが上手な女性同士が行った場合、各女性器から溢れる愛液ローションの役割を果たし、その上で性感により硬くなっているクリトリスが擦り合うことで、女性同士のみの快楽を得ることが出来る。

ただし、女性器同士の擦り合わせの上で双方の愛液が混ざるため、性病感染の注意が必要であり、実際に幾つかの感染例がある。[要出典]

男女間性行為のような結合は無いため、エクスタシーへの時間は互いの協力と思慕に左右される。

体位は四十八手の「松葉崩し」で行うことが一般的である。他に、帆掛け舟・理非知らず・松葉反り・梃子かがり・燕返し・月見茶臼・茶臼伸ばし・立ち松葉・宝船・寿本手・砧・後付け・イスカとり・向いM字などで行うこともある。

語源[編集]

語源は、貝殻同士を合わせる古来の遊び「貝合わせ」。海外では、擦り合わせを意味する「トリバディズム(Tribadism)」と呼ばれる。

関連項目[編集]