子煩悩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
親馬鹿から転送)
移動: 案内検索

子煩悩(こぼんのう)とは、育児教育において、子供を非常に可愛がっている人。また、その様子を指した言葉。親馬鹿バカ親とも称される。

概要[編集]

これらは、自身の子供に対して「過度に」愛着を覚えて働き掛ける行為ないし影響を受ける傾向とされるが、何処までが適度で、何処からが過度かが曖昧でしかない(主観に絡む)こともあり、明確な基準は無い。

しかし常識の範疇で、傍迷惑だったり当人が嫌がっているのに構いたがる、あるいは「揺さぶられっ子症候群」に見るような自覚無き児童虐待に発展している場合には問題である。なお、子煩悩とニュアンスが異なるが、悪い意味で「バカ親」に至っている場合は、子の社会的な(人材としての)価値が減じられる傾向があり、さらなる問題に発展する事がある。

ただ、多くの親子において子は大切な子孫であり、親にしても育児や子の成長に喜びを見出すことも多く、そういった時期は多くの親子に共通して見られる傾向がある。そのため多少傍迷惑でも大目に見られたり、あるいは微笑ましい情景として評価される傾向も見られる。いずれにしても程度問題といえよう。

「子煩悩」は主に父親祖父もしくは一般男性など、子供に柔和な態度を取る男性に対して使われる(祖父の場合は「煩悩」という言い方がされる)。但し、ロリコンショタコンなどの性嗜好や恋愛嗜好とは異なり、大人として子供を慈しむ様子を指す。

旧来、子供に対する父親像(男性像)は、子供に対して敢えて厳格な態度を取る姿が一般的であった(父性の項も参照)。しかし近年、家庭環境の変化などから母性的対応を取る男性も出現し、これを旧来の男性像とは異質な存在と捉えたことから、こうした言葉が誕生したものと考えられる。

多くの場合、女性保護者からの視点で、育児や教育などに協力的な男性保護者を指すなど、「好もしい」「微笑ましい」という意味で使われる言葉である。しかし、女性保護者も母性的態度を取る場合「子供は我慢や規範意識が薄れ、依存心の強いわがままな子に育つのではないか」とする見方もある。

子煩悩の行動例[編集]

  • 会社での付き合いよりも(子供のために)帰宅することを選ぶ。
  • 帰宅すると何よりも先にまず子供の様子を見に行き、遊び相手になろうとする。
  • 母親が叱り付けていると、何かしら擁護しようとする。
  • 出勤以外で外出(買い物・散歩など)では、必ず子供と一緒。
  • 食事をする際、子供を膝の上に乗せたがる。
  • 入浴は、いつも子供と共に入ろうとする。
  • 就寝時には、いつも子供と同じ布団で寝たがる。

関連項目[編集]