蜂須賀綱矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
蜂須賀 綱矩
時代 江戸時代
生誕 寛文元年5月28日1661年6月24日
死没 享保15年11月7日1730年12月16日
改名 熊太郎(幼名)→龍之(初名)→綱矩
墓所 徳島県徳島市下助任町興源寺
官位 従四位下淡路侍従
主君 徳川家綱
阿波徳島藩第5代藩主
氏族 蜂須賀氏
父母 父:蜂須賀隆矩、母:七(松平宣助の娘)
養父:蜂須賀綱通
正室:園(奥津庸広の娘)
継室:架(安西作左衛門の娘)
吉武隆寿宗員、娘(井伊直惟室)
娘(小笠原忠貞室)、娘(大久保忠興婚約者)
娘(安藤信尹婚約者)

蜂須賀 綱矩(はちすか つなのり)は、阿波徳島藩の第5代藩主。

生涯[編集]

蜂須賀隆矩(徳島藩2代藩主蜂須賀忠英の4男)の長男。母は紀州藩松平宣助の娘お七。初名は龍之(たつゆき)。

延宝6年(1678年)、従兄の4代藩主蜂須賀綱通が実子なくして亡くなったため、その養子という形をとって5代藩主となる。慣例により、綱通と同様、第4代将軍徳川家綱偏諱を受けて綱矩(「矩」は実父・隆矩の1字)と改名する。同年、伯父の蜂須賀隆重に5万石の分知を与えて名東郡富田(徳島市内)に阿波富田藩を立藩させている。延宝8年(1680年5月8日に家綱が死去したが、先代の頃から預かっていた堀田正信5月30日殉死、責任を問われて7月19日に5代将軍徳川綱吉から閉門を命じられた。11月27日には閉門を免ぜられた。

興源寺の墓所(徳島県徳島市下助任町)

長命であり多くの子をもうけたが、嫡男・吉武には夭折され、支藩阿波富田藩の蜂須賀隆長のもとに養子に出ていた4男・宗員を呼び戻して嗣子としている。享保13年(1728年隠居し、家督を宗員に譲った。享保15年(1730年)死去。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 『蜂須賀家記』