蜂須賀至央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蜂須賀 至央
時代 江戸時代
生誕 元文元年12月15日1737年1月15日
死没 宝暦4年7月12日1754年8月29日
改名 銕(鉄)松(幼名)→松平頼央(初名)→蜂須賀至央
墓所 徳島県徳島市下助任町 興源寺
主君 徳川家重
阿波徳島藩第9代藩主
氏族 松平大膳家蜂須賀氏
父母 父:松平頼熙、母:渡辺氏
養父:蜂須賀宗鎮
兄弟 松平頼桓宗鎮至央
なし
養子:蜂須賀重喜醍醐輝弘(甥・蜂須賀休光の娘)

蜂須賀 至央(はちすか よしひさ、元文元年12月15日1737年1月15日) - 宝暦4年7月12日1754年8月29日))は、讃岐国高松藩一門松平大膳家第3代、のち阿波国徳島藩の第9代藩主。

松平大膳家初代の松平志摩頼煕の三男。生母は渡辺氏。徳島藩第8代藩主蜂須賀宗鎮(松平大膳家第2代の松平頼珍)の実弟。正室、子女ともになし。養子に蜂須賀重喜醍醐輝弘室(実父は甥の蜂須賀休光、子に忠善)がいる(輝弘は養子重喜の娘を母に持つ)。松平家時代の初名は頼央(よりひさ)。通称は鉄松、志摩。官位はなし。

生涯[編集]

元文4年(1739年)、兄・頼珍(宗鎮)が蜂須賀家に養子入りしたため、幼くして松平大膳家の家督を相続し、松平志摩頼央と名乗る。宝暦4年(1754年)4月2日、今度は蜂須賀家において宗鎮の養子となり、至央に改名する(「至」の字は初代藩主・至鎮偏諱をとったものと思われる)。松平大膳家の家督は高松藩第5代藩主松平頼恭の五男の頼昌が継いだ。同年4月13日将軍徳川家重御目見する。

興源寺の墓所(徳島県徳島市下助任町)

同年5月22日、宗鎮の隠居により蜂須賀家の家督を相続したが、同年7月12日に死去した。享年19。法号は興徳院殿仁祐竜沢。墓所は徳島県徳島市下助任町興源寺

襲封後2ヵ月足らずで死去したため、歴代藩主の通例である将軍からの偏諱を受けなかった。また、歴代藩主は養子・幼君藩主が相次いでいた上、至央自身も若年であったことから、藩政の実権は家老に掌握されており、飾り物の藩主に過ぎなかった。

末期養子として、出羽国久保田藩の分家である秋田新田藩の藩主佐竹義道の四男・重喜を迎えた。