蜂須賀宗英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蜂須賀 宗英
時代 江戸時代
生誕 貞享元年4月9日1684年5月23日
死没 寛保3年2月30日1743年3月25日
改名 勘次郎(幼名)→隆泰(初名)→宗英
墓所 徳島県徳島市下助任町 興源寺
官位 従四位下、阿波守、侍従
主君 徳川吉宗
阿波徳島藩第7代藩主
氏族 蜂須賀氏
父母 父:蜂須賀隆喜、母:不詳
養父:蜂須賀宗員
兄弟 隆長、芳(池田長亮室)、隆泰(宗英)
正室:なし
観心院(東園基楨室)
養子:宗純宗鎮元姫蜂須賀宗鎮室)

蜂須賀 宗英(はちすか むねてる)は、阿波徳島藩の第7代藩主。

生涯[編集]

興源寺の墓所(徳島県徳島市下助任町)

蜂須賀隆喜(2代藩主蜂須賀忠英の五男)の三男。幼名は勘次郎、初名は隆泰(たかやす)。号は潜外、通称は宮内。はじめは中老や家老として藩政に参画していたが、若くして隠居し京都などに住んだ。

享保20年(1735年)6月10日、蜂須賀宗員の死去に際し末期養子となり、52歳で徳島藩7代藩主となった。同年8月15日、将軍徳川吉宗御目見した。同年12月11日、従四位下阿波守に叙任した。後に侍従に任官した。同日、徳川吉宗の偏諱を受けて宗英(「英」は祖父・忠英の1字を取ったもの)と改名した。

元文4年(1739年)12月22日、隠居し、養子宗鎮に家督を譲る。隠居後は潜外と号した。

寛保3年(1743年)2月晦日、江戸で死去。享年59。遺体は京都へ運ばれ、清浄華院に葬られた。

宗鎮以後、蜂須賀宗家は他家からの養子が続き、宗英は正勝家政至鎮の血を引く最後の藩主となった。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 『蜂須賀家記』