蜂須賀宗鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蜂須賀 宗鎮
時代 江戸時代
生誕 享保6年8月8日1721年9月28日
死没 安永9年8月27日1780年9月25日
改名 松之助(幼名)→松平頼珍
→蜂須賀正泰→宗鎮
墓所 徳島県徳島市下助任町 興源寺
官位 従四位下、阿波守
主君 徳川吉宗
阿波徳島藩第8代藩主
氏族 松平大膳家蜂須賀氏
父母 父:松平頼熙、母:佐野氏
養父:蜂須賀宗英
兄弟 松平頼桓宗鎮至央
蜂須賀宗英の養女(蜂須賀吉武の娘)
休光(四男)、美子(井伊直幸養父、三条実起室)、娘(三条実起室)
養子:重矩重隆至央

蜂須賀 宗鎮(はちすか むねしげ、享保6年8月8日1721年9月28日) - 安永9年8月27日1780年9月25日))は、讃岐高松藩一門松平大膳家第2代、のち阿波徳島藩の第8代藩主。

松平大膳家初代の松平志摩頼煕の次男で高松藩主・松平頼桓の弟。生母は佐野氏。正室は蜂須賀宗英の養女(蜂須賀吉武の娘)・元。子は蜂須賀休光(四男)、娘(三条実起室)ら5男6女。養子に重矩蜂須賀宗員の次男)、重隆蜂須賀隆寿の次男)、至央(松平頼煕の三男で宗鎮の実弟、初名は頼央)。

初名は松平頼珍(まつだいら よりよし)、蜂須賀家に養子入りしてからは正泰(まさやす)、宗鎮と名乗った。通称は松之助、志摩。官位は従四位下侍従、阿波守、木工頭。

生涯[編集]

元文元年(1736年)、父松平頼熙の家督を相続して禄高3,000石。元文4年(1739年)10月9日、阿波徳島藩主・蜂須賀宗英の婿養子に迎えられる(松平大膳家の家督は弟の頼央が継承)。同年10月15日、将軍・徳川吉宗御目見をし、その偏諱を受けて宗鎮(「鎮」は初代藩主至鎮の1字を取ったもの)に改名。同年12月11日、従四位下隼人佐に叙任する。後に阿波守に改める。

同年12月22日、養父・宗英の隠居によって家督を相続する。寛保元年(1741年)12月19日、侍従に任官する。

宝暦4年(1754年)5月22日、隠居し、弟の頼央(改め蜂須賀至央)を今度は蜂須賀家の養嗣子に迎えて家督を譲った。宗鎮はそれまでに蜂須賀家の血筋から重矩、次いで重隆を養嗣子としていたが、重矩は早世し、重隆は廃嫡していた。しかし、至央は病気のためわずか60日余で没し、末期養子として出羽久保田藩佐竹家から重喜を迎えることになった。

隠居後、宗鎮は通称を木工頭に改めている。隠居後に生まれた息子の休光は公族(藩主一門)となった。

安永9年(1780年)8月27日、徳島において死去、60歳。

事績[編集]

寛延3年(1750年)7月、宗鎮は、幕府から日光東照宮堂社修復の御用を命ぜられた(いわゆる日光御手伝普請)。前回の普請経験者である越前松平家松平宗矩)や元禄正徳期の御手伝である仙台伊達家に対し、江戸留守居役を通して先格伺いを行ない、普請をつつがなく執り行なった。その時の江戸留守居役は速水倫助と長尾重助の2名。日光御手伝普請における家臣団の動員は数百単位であり、かつ江戸などで雇い入れた労働者(大工など)の賃銀(賃金)も御手伝方の負担であった。

御手伝普請の総費用は莫大であり、数万両に及んだ。その結果、次代においては末期養子で迎えられた若き藩主・重喜によって改革が断行されてゆく。