藤口光紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤口 光紀 Football pictogram.svg
名前
カタカナ フジグチ ミツノリ
ラテン文字 FUJIGUCHI Mitsunori
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1949年8月17日(64歳)
出身地 群馬県粕川村(現前橋市[1]
身長 175cm
体重 67kg
代表歴
1972-1978[2] 日本の旗 日本 26 (2)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

藤口 光紀(ふじぐち みつのり、1949年8月17日 - )は、日本サッカー選手。元日本代表群馬県粕川村(現前橋市)出身[1]日本プロサッカーリーグ元理事。浦和レッドダイヤモンズ(株式会社三菱自動車フットボールクラブ)前社長。現在広島経済大学教授。

来歴[編集]

新島学園高等学校サッカー部で活躍。3年時には群馬県代表として国体に出場する[1]。頭脳明晰で知られ、1年の浪人後慶應義塾大学に合格[1]慶應義塾大学体育会ソッカー部で1年生からレギュラーを獲得し、1969年に大学選手権優勝[1]。在学中に日本代表に選出された。卒業後の1974年三菱重工業株式会社に入社[1]日本サッカーリーグで活躍。通算成績は127試合出場・27得点。日本代表として国際Aマッチ25試合出場。1982年に現役引退。慶應義塾大学サッカー部監督、浦和レッドダイヤモンズ事業広報部長、Jリーグ事務局次長、日本サッカー協会技術委員等を歴任した。

2006年6月28日の、浦和レッズ臨時株主総会後の臨時取締役会で、犬飼基昭前社長の後を継いで同クラブ社長に就任、2007年にはAFCチャンピオンズリーグを制するところまで実績を挙げたものの、翌年のホルガー・オジェック監督解任に端を発したクラブの成績不振の責任を取る形で、2009年4月3日には社長を退任した(クラブ低迷等の経緯から、事実上の解任であるという見方もある)。

2011年4月、広島経済大学経済学部スポーツ経営学科教授に就任[1]、現在は広島に居住[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1974 三菱 JSL1部 15 7 -
1975 三菱 JSL1部 18 3 -
1976 三菱 JSL1部 16 2
1977 三菱 JSL1部 14 4
1978 三菱 JSL1部 18 3
1979 三菱 JSL1部 18 3
1980 三菱 JSL1部 18 5
1981 三菱 JSL1部 10 0
1982 三菱 JSL1部 0 0
通算 日本 JSL1部 127 27
総通算 127 27

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 26試合 2得点(1972-1978)[2]


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1972 5 0 7 2 12 2
1973 2 0 4 0 6 0
1974 1 0 6 0 7 0
1975 4 0 4 1 8 1
1976 2 0 2 0 4 0
1977 0 0 2 0 2 0
1978 12 2 10 2 22 4
通算 26 2 35 5 61 7

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1978年11月19日 日本東京 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1-4 敗戦 親善試合
2 1978年11月23日 日本、東京 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1-4 敗戦 親善試合

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 元浦和レッズ社長は広島経済大学教授 藤口 光紀さん(63)”. 日本私立大学協会 (2011年12月7日). 2013年9月6日閲覧。
  2. ^ a b “藤口 光紀”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ha/mitsunori_fujiguchi.html 
  3. ^ “都市のスポーツ第8部 提言 識者に聞く(中)”. 中国新聞: p. 21. (2013年10月17日)