白湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

白湯(さゆ、しらゆ)は、を沸かしただけで何も入れていないのこと[1]

湯冷まし(ゆざまし)は、をぬるく冷ました物[2]。いったん沸騰させた湯をぬるく冷ますことで、カルキなどの不純物がとび、口当たりも柔らかくなる。

用途[編集]

新生児や体の弱っている者の水分補給に少量の白湯を飲ませたり、薬を飲む際に白湯と一緒に飲んだりする。料理でも利用する(例:お茶漬け)。上水道が利用できない地域では殺菌のためにも用いられる。

生物学の実験では、簡易な内容に限ってであるが、滅菌水として使える[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 白湯(さゆ)とは”. コトバンク. 2014年8月20日閲覧。
  2. ^ 湯冷まし(ユザマシ)とは”. コトバンク. 2014年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]