犬を連れた奥さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
犬を連れた奥さん
Дама с собачкой
著者 アントン・チェーホフ
訳者 小笠原豊樹神西清
発行日 1899年
ジャンル 恋愛小説
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
言語 ロシア語
形態 短編小説
コード ISBN 978-4102065037
ISBN 978-4003262238
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

犬を連れた奥さん』(原題ロシア語: Дама с собачкой)は、1899年アントン・チェーホフが発表した短編小説。雑誌「Русская мысль」(ロシア思想)1899年12月号に発表された[1]

チェーホフは1899年から1904年まで、クリミヤ半島にある保養地ヤルタに住んだ。そこでこのヤルタを舞台としてこの小説が書かれた。

概要[編集]

ヤルタで休暇をすごすロシアの銀行家と若い婦人の不倫を描いた物語である。(1) ヤルタでの2人の邂逅の描写、(2) ヤルタにおける不倫関係の成就とその後、(3) グーロフのモスクワへの帰省とアンナの住む町への訪問、(4) アンナのモスクワへの訪問、と4つの部分から構成されている。 ウラジーミル・ナボコフは、これまでに書かれた短編小説の中でも最も素晴らしい物の1つであると明言した[2]。またマクシム・ゴーリキーは若い頃この作品を読み、「リアリズムに最後の止めを刺す作品」と賞賛した[1]

日本との関連[編集]

  • 日本の風景画(浮世絵と思われる)が部屋に飾ってある描写がある。
  • 2人の再会の場所がオペラ「Geisha」の初日。

あらすじ[編集]

ドミトリー・ドミトリッチ・グーロフはヤルタに滞在して2週間になり、他の者たちと同様にこの保養地に滞在する人たちに好奇心を抱く。そしてその噂の中に、素性の分からないポメラニアンを連れた美しい女性がおり、興味を覚える。ドミトリーは彼女がもしも結婚していて夫がまだ到着していないならば、お近づきになるチャンスだと考えたのである。以降ドミトリーは何度も彼女を見かけるようになる。

ドミトリーは40歳ほどで既婚者であるが、妻は子供達を生み年よりも老けて見えた。また女好きであり、不思議と女性にもてた。

ある日のこと、レストランで偶然件の女性の隣に座ったことで面識を得る。彼女は上流階級の女性で単身ヤルタに滞在しており、後に夫が合流する予定だという。当初は知り合い程度であったが、ある日ついに肉体関係を結び、以降2人は逢瀬を重ねることとなる。2人は次第に堂々と刺激を求めて野外でキスをするようになる。しかし実のところドミトリーは彼女アンナ・セルゲーヴナ・フォン・ディーダーリッツを愛していたわけではなかった。彼はアンナの美しさに惹かれ、会話を楽しみながらも、次第に愛情が冷めていく。アンナは「自分の夫はおべっか使いで、自分は幸せでない」と告白するものの、ドミトリーは彼女を尊重せず、2人は次第に彼女の夫の到着、そして逢瀬の終わりを望むようになる。そこへ彼女の夫から手紙が届く。彼がヤルタへ行くことが出来なくなり、逆にアンナに帰ってきてほしいという内容であった。アンナは汽車でサンクトペテルブルクへと帰京することになり、駅まで送りに来たドミトリーに「二度と会わないでしょうけど、お幸せに」と言い残し去っていった。ドミトリーもアンナが去った後に空虚な思いに駆られ、モスクワの自宅へと戻る。

初冬に差し掛かるという季節にモスクワへと帰京すると、退屈な日々の中で、早くもドミトリーはアンナの幻影に襲われることとなる。実のところ彼女のことが思い出されて堪らず、ついには医者の戸を叩くほどであった。ドミトリーはアンナへの想いを止めることが出来ず、サンクトペテルブルク行きを決意する。

サンクトペテルブルクで逗留したホテルからアンナの邸宅はさほど遠くなかった。ドミトリーは彼女の邸宅前をうろつき、例の犬が老女と散歩に出かける場面を目撃したり、アンナの弾いていると思しきピアノの音を耳にするが、どうすることも出来ない。やがてオペラ「Geisha」の公演があることを知り、アンナも来るのではないかと予測し観劇に赴く。

予想に相違せず、アンナは夫と共に観劇へと訪れていた。幕間に夫がタバコを吸いに外に出た際、ドミトリーは彼女の席へ向かう。アンナは驚愕し暫し沈黙するが、やがて次幕が始まる間際に出口の一つから外へと向かい、ドミトリーも後を追う。なかなか人が居ない場所が見つからず、ようやくたどり着いた場所で2人は人目もはばからず抱擁しキスをする。ドミトリーはアンナを忘れられなかったと告げるが、アンナも実はあれから今までドミトリーを忘れることができなかったという。

これ以降2人は2~3ヶ月に1度は会うという不倫の仲となる。アンナは夫に婦人病の医者に見てもらうという口実でモスクワに上京してきては、人目を忍び密会する。ドミトリーには今まで心底愛した女性がおらず、これが初めての愛といえた。そして2人は今後もこの関係が長続きしてしまいそうだと感じながら、逢瀬を続けるのであった。

脚注[編集]

  1. ^ a b 著者アントン・チェーホフ 「あとがき」『可愛い女・犬を連れた奥さん 他一篇』 神西清訳、岩波書店東京都千代田区2010年11月16日、p. 127。ISBN 4-00-326223-9
  2. ^ From Vladimir Nabokov's Lectures on Russian Literature, quoted by Francine Prose in Learning from Chekhov, 231.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]