特殊作戦司令部 (フランス軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

特殊作戦司令部(とくしゅさくせんしれいぶ、Commandement des opérations spéciales:COS)はフランス軍の機関のひとつ。湾岸戦争後にフランス4軍の特殊部隊を調整・統合運用することを目的に創設された。

歴史[編集]

COSが創設された背景に、旧植民地においての反乱、紛争処理などに追われていたフランス情勢があるといえる。19世紀末、コモロ連邦共和国(現、コモロ連合)がフランスの保護領となったが、1975年に独立した。しかし、独立後も反乱と政権転覆が相次いで発生し、コモロ国内は不安定な情勢にあった。1992年に、その治安維持のためにフランスは第1海兵歩兵落下傘連隊を派遣した。同連隊が現地で活動するにあたり、任務遂行上、派兵などを統括する組織の必要性を考えたフランスは、それぞれの特殊部隊を統合する司令部(GCOS)を創設するにいたった。同年6月、GCOSの設立を提唱していたモーリス・ルパージュ陸軍中将を司令官としてフランス特殊作戦司令部(COS)が誕生する。

その後、COSは1992年ソマリア内戦1993年にはルワンダ内戦において、PKOに参加した。その後、1997年にはザイール内戦でのフランス人救出作戦で活躍した。アフリカ以外でも、欧州ではボスニア内戦1993年及び1998年に、PKOに参加している。

沿革[編集]

概要[編集]

特殊作戦司令部は、フランス国防省のもと、陸・海・空、国家憲兵隊の四軍の特殊部隊を各水準段階ごと指揮下に置き、統合参謀総長(CEMA)の指令で行動する。任務内容は多岐にわたり、広範囲な任務に従事する総合的調整組織として機能している。

第1段階[編集]

陸軍[編集]

海軍[編集]

空軍[編集]

  • 空軍第10落下傘コマンドー
  • 空軍特殊作戦団

以上第1段階までが直轄部隊である。 以下はそれぞれの組織の隷下にあるが、段階の必要に応じて部隊を派出させる。

第2段階[編集]

陸軍[編集]

フランス国家憲兵隊[編集]

第3段階[編集]

陸軍[編集]

関連項目[編集]