国家憲兵隊空挺介入中隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国家憲兵隊空挺介入中隊(こっかけんぺいたいくうていかいにゅうちゅうたい、仏語:Escadron Parachutiste d'Intervention de la Gendarmerie Nationale)は、フランス国家憲兵隊機動憲兵隊所属の対暴動や対テロ戦闘、大規模犯罪対策のための空挺部隊である。 空挺介入中隊の隊員は7割が機動憲兵隊から、2割が共和国親衛隊から、残りの1割が県憲兵隊からの選抜者である。

構成[編集]

国家憲兵隊のGSIGN(国家憲兵特殊安全対策群)の隷下にある。 140名のパラシュート降下資格を持つ国家憲兵隊員により編成されている。

  • 空挺介入中隊長(国家憲兵隊大尉
  • 指揮班
  • 第1小隊(作戦支援担当:17名)
  • 第2小隊、第3小隊(要人警護、重要防備拠点警備担当:それぞれ1個小隊は2名の士官と40名の隊員で構成。警備犬担当隊員と爆発物処理担当隊員、狙撃隊員が在籍。自由降下(HALO/HAHO)による空挺降下の訓練を受けている。またテロ事件等に備えて1個小隊は緊急展開できるように待機する。)
  • 第4小隊(偵察や情報収集を担当。1名の士官と35名の隊員で構成)

歴史[編集]