フランス陸軍参謀総長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス陸軍参謀総長(フランスりくぐんさんぼうそうちょう、Chef d'état-major de l'Armée de terre:CEMAT)は、フランス陸軍参謀本部の長。フランス陸軍を統率する軍人(制服組)のトップ。

歴代のフランス陸軍参謀総長[編集]

歴代の陸軍参謀総長
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
エティエンヌ・ラフォン・ド・ラドバ(Etienne Laffon de Ladébat) 1909 - 1910
アラン・ド・ボワジェ(Alain de Boissieu) 1971.5 - 1975.2
ジャン・ラガール(Jean Lagarde) 1975 - 1980
ジャン・ドロネー(Jean Delaunay) -
ルネ・アンボー(René Imbot) 1983.5.10-
ジルベール・フォリ(Gilbert Forray) 1987.11 -
フィリップ・メルシエ(Philippe Mercier) -
イヴ・クレームYves Crene -
ベルナール・トレ(Bernard Thorette) 2002.9.2 - 2006.7.15
ブルーノ・キューシェ(Bruno Cuche) 2006.7.16 - 2008.7.1 カルカソンヌ誤射事件の責任を取り辞任
エルリック・イラストルザ(Elrick Irastorza) 2008.7.2 -