片山梨絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
片山梨絵
Rie Katayama
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 小田島 梨絵
おだじま りえ
(旧姓・片山)
生年月日 1979年9月13日(34歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 157cm[1]
体重 48㎏[1]
チーム情報
所属 チーム・スペシャライズド・ジャパン
(2008-2012)
TREK JAPAN
(2004-2007)
分野 MTB・クロスカントリー(XC)
ロードレース
役割 選手
主要レース勝利
アジア選手権 2004、2012
日本の旗 日本選手権 XC 2004-2012
 
獲得メダル
マウンテンバイクレース・XC
日本の旗 日本
アジア競技大会
2010 広州 クロスカントリー
最終更新日
2014年2月8日

片山 梨絵(かたやま りえ、ラテン文字表記:Rie Katayama、本名:小田島 梨絵(旧姓:片山)1979年9月13日 - )は、千葉県生まれ[2] で、大阪府吹田市出身の女子自転車競技MTB選手。

来歴[編集]

吹田市立佐井寺中学校大阪府立茨木高等学校を経て、岡山大学及び、同大学大学院自然科学研究科・生物科学専攻分子機能研究室出身。1999年にMTBジャパンシリーズに参戦し、2003年に初優勝。2004年から2012年まで全日本選手権タイトルを獲得し、全日本九連覇を達成した。2004年のオリンピックは国内選考会で2位となり惜しくも代表となれなかったが、2008年の北京オリンピックと2012年のロンドンオリンピックには日本代表として出場した。結果はいずれも20位(日本人最高位)。

ロンドンオリンピック選考経緯[編集]

7月2日、ロンドンオリンピックのマウンテンバイク・クロスカントリーにおけるUCIの国別出場枠順位は22位(補欠第4位)の日本女子だったが、オランダの1枠とノルウェーの2枠のうち1枠に出場キャンセルがあり、ランキング19位のハンガリーと20位のスペインに配分されたが、スペインが辞退。21位のオーストラリアはすでに大陸枠での出場が決まっていたため、22位の日本に再配分され[3]、日本自転車競技連盟は、当年6月の全日本選手権で優勝した片山を選出した[4]

主な戦歴[編集]

マウンテンバイク

2003年

  • ジャパンシリーズ・第6戦 1位

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

ロードレース

2006年

  • 東日本実業団選手権 1位
  • 実業団富士国際ヒルクライム 1位
  • ジャパンカップロードレース 5位

2009年

2010年

  • 全日本自転車競技選手権大会 3位

2011年

  • 全日本自転車競技選手権大会 2位

脚注[編集]

外部リンク[編集]