派遣戦士 山田のり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

派遣戦士 山田のり子』(はけんせんしやまだのりこ)はたかの宗美4コマ漫画作品。双葉社の雑誌『まんがタウン』(月刊)で2000年12月号(創刊号)から現在に至るまで連載されている。『まんがタウンオリジナル』(月刊)では2002年12月号(創刊号)から2006年9月号(最終号)まで連載されていた。

また、『まんがタウン』の前身である『クレヨンしんちゃん特集号』でも1999年11月5日号から2000年11月5日号(『まんがタウン』に発展解消される直前の号)まで連載されており、実質的には1999年11月から現在まで連載しているといえる。

『まんがタウンオリジナル』では長期間にわたって表紙と巻頭カラーを飾っており、関連グッズが懸賞の賞品になるなど、人気のある作品。


タイトルの意味[編集]

派遣
派遣社員。つまり、会社(商社)に直接雇われた社員ではなく、人材派遣会社に籍を置いて会社(商社)で働く社員。雇用ではなく、契約で勤務している。
戦士
文字通り「戦う」人。仕事が異常にできることから、「仕事と戦う人」という形容であるとする説や、常にを持ち歩いていることから、「刀を振り回す戦士」と見る説がある。
山田のり子
主人公の本名。現在は某商社の総務課に勤務。(本記事では、以下、略称「山のり」を適宜用いる。)

主人公・山田のり子[編集]

特徴[編集]

出生等:生年月日・出身地・年齢・電話番号・現住所などは一切不明。ただ、女性であること・未婚であることは間違いない(と思われる)。漫画の舞台となる会社以前にも、別の会社で“派遣社員”として十数年働いたが、今に到るまで、外見が全く変化していない。

服装:ブラウス(シルク)・スカート(最高級ウール)・靴(オーストリッチ)とシンプルだが、品質・ブランドに関しては決して妥協をしていない。なお、タイツはめったに履かない。

勤務時間:9時ジャストに出て(相当に強引な形で)、17時00分ジャストにきっちりと帰宅する。タイムカードは毎回同じ時間に打つ。並大抵のことでは始業時間に遅れることはないが、万が一遅れる場合は狼煙をあげる(狼煙初登場時は山のりの前の派遣先の会社から現在の派遣先である総務課に直接電話があって教わるまでは現派遣先の総務課は火事と勘違いしていた)。

経験職種:これまでにこなした仕事は数多くある。「山田のり子にできない仕事はない」と言わしめるスゴ腕派遣社員である。

  • どさんこレースクイーン
  • 海外映画の翻訳
  • 映画村の歴史風俗の娘役
  • ボクシングのセコンド
  • NASAへ仕事で出向していたこともある
  • 旅館の仲居(番外編として描かれたエピソードが4巻から8巻に「仲居編」として収録されている)
  • 婦人警官(番外編として描かれたエピソードが9巻に「婦警さん編」として収録されている)

未経験職種:ただし、そんな彼女でも、受けたことのない業種はあるようだ。少なくとも判明したのは、受付嬢(倉庫で、受付の制服を着て、酔いしれていたことがある)、保育士(子供に笑いかけるも、その表情があまりの不気味さから子供に逃げられたことから)、鍼灸師(初歩のテキストを見ながら施術し、失敗する場面が見受けられる。ただし、ツボ押しには長けている)

身体的特徴:視力や脚力など、人間としての基本能力からして卓越した技能をもっている。(最大で4つの事を同時にできる、(肩に電話をはさんで他国語を話しながら、左手でパソコンのキーボードを打ちながら、右手で書類を書いて、右足で別の書類を取り出す)など)

頭:IC(集積回路)並みの計算能力を有する。(計算書100枚を短時間で暗算できるほど)

視力:6.0以上はある。動体視力も非常に優れている。物(人)を一度見ただけで、瞬時に重さ・サイズを判別できる。制服の支給の際はその正確性に従った「適正」なサイズを支給するため、場合によっては「太った」と宣告されるようなものであり受付嬢からは忌み嫌われている。

動体視力:視力と同様。しかし、それゆえ、トンボの目を回そうとしたつもりが、自分の目が回ってしまうことも。

脚力:人間の限界能力まで瞬時に動作できる。あまりの速さに、傍からは足が4、5本あるかのように見えることも、さらに電車と同じ速度で自転車を漕ぐことができる(しかし逃げ水にはかなわない)。

発声器官:超音波や低周波を発振でき、それによるアクティブソナーの使用、動物との交信、音波攻撃が可能。

柔軟性:とてつもなく優れている(ヨガを趣味にしている。段ボールに入ることも可能)。

背中:いつもびしっと伸ばしている(ある意味、バレエダンサー以上)。

表情:初対面では判別不可能。慣れると、多少理解可能。普段は、顔に鼻も口も無く、ものを食べる時だけ口が描かれている。爽やかな顔をするときは大抵良いことがない。

所持品:七つ道具があるらしい。

  1. 日本刀:山田のり子の必須アイテム
  2. ソーイングセット
  3. ペン
  4. ミニ工具セット
  5. 手帳
  6. ハンカチ
  7. ティッシュ

特技等:語学(英語、仏語、露語、アラビア語など)は堪能。弁当を包む紙は他国語版の新聞紙。メイク(時間が無くて化粧が出来なかった女性社員に、ものすごい速さで化粧を施す。だが、やり過ぎて濃くなってしまう。)

所有資格:歯科医師免許、フグ調理、救命救急士や地方の検定など、大きな検定から小さな検定まで百を超える資格を持つらしい。

趣味:詳細は不明だが、劇中ではヨガ(ヨガしながら仕事をすることも)と、まったりとお茶を飲むこと。

心境:仕事一筋のようだが、意外と乙女チックな一面もある。そして結婚願望も少なからずあるようで、惚気話や結婚が絡むとやつあたりする事も多々ある。派遣社員であるという事だけで後述の山のり大嫌い部長を始め偏見から不当な扱いを受けることもある上、上司が正社員としての採用打診を考えるほどの人材であるが、本人は派遣以外の働き方に興味は無いらしい(定時に帰れるからなのではと思わせる描写もある)。

交友関係:職場ではそれなりの人間関係を築いているがプライベートでの交友関係は謎のままである。(ただしクレヨンしんちゃんの黒磯とは物を貸し借りする関係にあるらしい)また仲のいい同僚と共に某国の大統領と面会したことがある。

金銭感覚:服などを購入する際はプラチナカードで支払ったり、道端で1円を見つけただけで目を光らせたりと極端。ロシアやシンガポール、中国など海外に旅行したり、給料日前には、弁当が極端に質素になりすぎる(ご飯のみ、桜ご飯、落葉のみで調理法を考えてしまうほど極端)ことなどを考えると、極端に狂っているか、もしくは全く無いようにしか見えない。

台詞:彼女が漫画の中で台詞を与えられたことは一度もない。とはいえ無口と言うわけではなく、「他の人の台詞の一部」と言う形で表記されることが多い(例:「手を出すな…って?」)。また、一見オノマトペに見える形でごく短い台詞が表記されたことがある(「カッ(カツ)」「ふ…(麩)」等)。彼女が言った最長のセリフは11巻の「私は内戦から逃れた某国の王女なのです」。唯一まともな台詞があるとすれば、失敗をした平社員に対しテープレコーダーに注意(78個)を超高速で吹き込んだ時(ただし吹き出しはテープレコーダーから出ている)と、部長に専務の声真似をしてお茶を渡した時くらいだろう。

弱点:親父ギャグ(お得意さんから『山田君、ハッスルしてるか!?』と言われ、たじろいだ)。ゴキブリ(発狂したり、気絶することも)。花粉症(かなりひどい方らしく、春先の花粉症シーズンには対策を怠らない。ある意味超人的な方法を取ることもある。1度花粉症対策のため、別人だと思われてしまうほどの厚化粧をしてきた)。グリーンピースが嫌いで、すごい速さで全て取り除く。子供の扱いは苦手。笑顔がかなり不気味になってしまうため、毎回泣きながら逃げられてしまう。

日本刀[編集]

山田のり子の象徴とも言うべき道具。その用途は、回を重ねるに従い、多様なものとなっていく。多く見受けられるのは、脅迫(他の社員の仕事を催促するのが多い)だが、その他に下記の用途に用いている。ちなみに、日本刀は替刃式(でかつカッターのように欠けたら、一部を折ることが出来る)になっている。 また、日本刀と見せかけて鞘から抜くと側面の汚れを服にこすり付ける定規や、心を落ち着かせるためのラベンダーなど、刃にあたる部分が意外なものである場合も。

刀の使用実績
傘代わり、アイスノン代わり、ハエたたき、髭剃り、鉛筆削り、爪切り、まつげ切り、紙破り、ふぐの調理、冷蔵庫にぎっしり入ったゼリー切り、バームクーヘン切り、タイヤキ斬り、缶を一刀両断、ゴキブリ斬り・避け、ダンボールの運搬、廊下で仮眠、切り子ガラスの作製、皿回し、つぼ回し、背中にいれる、部長のヅラ(鬘)浮かし、太陽光で部長に仕返し、じゅうたんの毛落とし、本の日焼け削り、頭をなでる、刃先を判子として使う、刃先に異臭をつける、散らばった書類を集める、床の目に詰まったホコリをとる、りんごの皮むき(幅は1mmくらい)、とりもちで電話を取る、ロッカーの隙間からシャーペンの芯(しかも使いかけ)を取る、刀を熱し(赤くなるまで)お茶を熱くする、樹木の剪定(くまさんカット)、玄関前の氷カット

など多数。

山田のり子の周りにいる人物[編集]

総務課長[編集]

派遣会社に山田のり子の派遣を申し入れた張本人(「らしい!?」)。山のりの繰り広げる行動に、戦々恐々している。

山のり大嫌い部長[編集]

ハゲ頭とイヤミがトレードマーク。さすがにセクハラはしないようだ(とはいえ、初回登場時(ファイル.1)には、「セクハラ部長」と周囲の女性社員に思われる描写がある)。 山田のり子を「派遣でありながら大きな態度を取るナマイキ女」と定義し、色々とイヤミや嫌がらせを仕掛けるが、毎度のように見事に切り返されてしまう。 山のり自身も彼の事を苦手としており、どんな手段を取ってでもできる限り顔を合わせないようにしている。しかし、こっそり頭髪を増やして気分良くさせたり、体調悪化をツボ押しで救ったこともある(ただし押した跡が「ハゲ」と並んでいた)など心の底から嫌っているわけではなく、仕事を円滑にすることも考えれば出来れば仲良くしたいと思っていてあくまで部長のイヤミに対抗しているだけである。総務課長からも嫌われている描写がある。ただし山のりと同じく○○屋の饅頭が好物である。

無断持出指名手配の営業マン[編集]

総務課から備品を無断で持ち出したり、必要な手続きをしようとしない営業課所属のヒラ社員。 無断持ち出しの癖が抜けない営業マンと、様々な手段(バンジージャンプなど)を駆使して持出伝票の提出を迫る山田のり子との攻防が見もの。営業課の上司は山のりと平社員の攻防を結構楽しんでいる。

同僚の女性社員達[編集]

同じ課で働く女性社員達。 イライラしたりサボリがちな同僚の男性社員に頭を悩ませながら、一方で課をまとめる山田のり子を尊敬し敬語で接している。 謎の多い山のりに興味を持っており、謎を解明しようとするが、結局は失敗したりさらに頭を悩ましたりすることが多い。 ほっぺたの柔らかさや温かさなどで山のりは女性社員達の癒し存在ともなっている。 ただし初期には山のりに対し反感を持っている女子社員も存在していた。(後に山のりに完敗)

高橋[編集]

同じ課で働く女性社員。 おっとりとした容姿だが仕事はでき山田のり子に最も親切に扱われている。また本人も山田を尊敬しており彼女に近づこうと日々努力している。 名前は長らく明らかにならなかったが第九巻の女性社員と山のりの会話で明らかになった。

山田のり子に恋心を抱く社員[編集]

別の部署で働くヒラ社員。 山田のり子に恋をしており、たびたび仕事の様子を眺めているが、山のり相手にはそれすらもままならない。 たびたび自分をアピールしようとするが、恋沙汰が苦手な山のり相手にはすれ違ってしまう様子。 「好きです」と告白したら、山のりによって山のりそっくりの髪型・メイクをされてしまった。  また、10巻で「つきあってください」と言ったがそのとき彼は腹具合が悪くトイレにつきあってほしいと 感違いされた。

山田のり子のデスクを覗こうとする社員[編集]

同じ課で働く二人組の男性社員。 山田のり子の引き出しから書類を見ようとして思いがけないトラップに嵌ることが多い。 相方の男性社員いわく「おちょくられている」。

書誌情報[編集]

  • よりぬき版
    派遣戦士山田のり子 よりぬき 愛 2012年10月12日発行(同日発売)、ISBN 978-4-575-94362-7
    派遣戦士山田のり子 よりぬき 乱 2013年5月10日発行(同日発売)、ISBN 978-4-575-94381-8

まんがタウン』2007年12月号、2011年4月号およびぶんか社主任がゆく!スペシャル』 Vol.5(『無敵恋愛S*girl』2007年12月1日増刊号)、同Vol.37(『みこすり半劇場』2011年4月21日増刊号)誌上にて、『主任がゆく!』とのコラボレーション作品が発表された。

竹書房まんがくらぶ』2008年12月号および『まんがタウン』2008年12月号誌上にて、『有閑みわさん』とのコラボレーション作品が発表された。