波二〇一型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
波201型潜水艦
波201潜
艦級概観
艦種 二等潜水艦
艦名
前級
次級
性能諸元
排水量 基準320、常備376t
水中440t
全長 53.00m
全幅 4.00m
吃水 3.44m
機関 中速ディーゼル1基1軸
水上:400馬力
水中:1,250馬力
速力 水上:10.5kt
水中:13kt[1]
航続距離 水上:10ktで3,000海里
水中:3ktで105海里[2]
燃料 重油:搭載量不明
乗員 26名
兵装 7.7mm単装機銃1挺
53cm魚雷発射管 艦首2門
魚雷4本
備考 安全潜航深度:100m

波二〇一型潜水艦(はにひゃくいちがたせんすいかん)は、大日本帝国海軍の沿岸型小型潜水艦の艦級。潜高小型(せんたかこがた)ともよばれた。伊二〇一型潜水艦と同様に連合国のASW(対潜戦)能力向上にともなう日本潜水艦の被害拡大に対処するため、水中高速性能を重視していた型である。

概要[編集]

1938年に建造され1941年まで試験された水中高速実験潜水艦第71号艦甲標的などの開発経験を元に1944年マル戦計画により建造された小型水中高速潜水艦。

太平洋戦争末期、日本本土決戦が近づきつつある状況となり、水中高速性能のある海龍蛟竜など甲標的・小型潜水艇が開発・量産されていたが、日本本土沿海海域において、これらは排水量や船体が小さく航洋性や行動性能では不足していた。

そのため潜水艇よりも航洋性や行動性能が高く、また資源の逼迫した状況下において、大型の潜水艦より資源も節減可能な大きさで、かつ量産が効く小型な水中高速潜水艦が求められた。当初、波二〇一型潜水艦は750トン案や500トン案も計画されたが、排水量は前述の量産性や資源的理由から要求を満たす範囲で切り詰められ、最終的には320トンとなった。

伊二〇一型潜水艦と同様に、潜航時の船体抵抗を抑えた設計、ドイツより技術導入した高張力鋼St52による全溶接船体構造、ブロック建造方式を取り入れていた。

竣工はすべて1945年(昭和20年)に行われた。本土決戦に備えて保全されたため、太平洋戦争では実戦に投入されることはなかった。終戦時に完成艦は全部で10隻であったが、未完成の艦が29隻あった。計画ではあと40隻建造される予定であった。

特徴[編集]

伊二〇一型潜水艦と同様に水中高速航走性能の追求のため、極力の抵抗低減がなされた。船体や艦橋は流線化設計され、艤装なども徹底した簡素化が図られた。水中速力、水中航続性能も重視されたが、伊二〇一型潜水艦と異なるのは水中運動性能や水中操縦性能にも、より重点が置かれた点である。そのため海龍と同様に船体中央部、艦橋直下付近の左右に潜舵が配置された。操縦性能は非常に軽快であったとされ、急速潜航時間は15秒以内[3]であった。

主機は波一〇一型潜水艦(潜輸小型)に採用されていた中速四〇〇型ディーゼル(400馬力)1基、電動機は伊二〇一型潜水艦と同じ特E型電動機(1250馬力)1基による1軸推進であった。

縦舵と横舵は、第71号艦や後の涙滴型潜水艦と同様に推進器の前方に十字形に配置していた。

同型艦[編集]

  • 艦名
竣工日(建造所) - 戦後の処分

※建造所は佐世保 = 佐世保海軍工廠
※※竣工艦の除籍日は全て1945年11月30日

1945年5月31日(佐世保) - 1946年4月1日五島沖にて沈没処分
1945年5月31日(佐世保) - 1946年4月1日五島沖にて沈没処分
1945年6月20日(佐世保) - 1946年4月1日五島沖にて沈没処分
1945年6月25日(佐世保) - 1948年8月、西村造船で解体
1945年7月3日(佐世保) - 1946年5月、伊予灘で沈没処分
1945年8月14日(佐世保) - 1946年4月5日佐世保港外、向後岬西13海里にて海没処分
1945年8月4日(佐世保) - 1946年4月1日五島沖にて沈没処分
1945年8月4日(佐世保) - 1946年8月、三菱下関で解体
1945年8月11日(佐世保) - 1946年4月5日佐世保港外、向後岬西13海里にて海没処分
1945年8月16日(佐世保) - 1946年4月5日佐世保港外、向後岬西13海里にて海没処分
  • 波号第二一七潜水艦~波号第二四〇潜水艦 (未成)
  • 波号第二四六潜水艦 (未成)

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8
  • 月刊「丸」1998年2月号別冊付録「日本の潜水艦」

脚注[編集]

  1. ^ 水上:11.8kt、水中:13.9ktの記述もある。
  2. ^ 水中航続力は2ktで100海里の記述もある。
  3. ^ 月刊「丸」1998年2月号別冊付録「日本の潜水艦」

関連項目[編集]