民主左派党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

民主左派党(みんしゅさはとう、トルコ語Demokratik Sol Parti, (DSP))は、トルコ共和国中道左派政党

沿革[編集]

民主左派党は、元首相のビュレント・エジェヴィトを中心に、1985年に旧共和人民党の左派メンバーを中心に結成された。エジェヴィトは、1980年の軍事クーデタにより政治活動を禁止されていたため、初代党首には、夫人のラフシャン・エジェヴィトが就任した。1987年オザル政権が行った国民投票の結果、旧政治家の政治活動禁止処分が解除されると、ビュレント・エジェヴィトが公式に党首に就任した。

民主左派党は、1987年の総選挙から国政選挙に参加したが、議席獲得に必要な得票率10%に届かず、議席獲得はならなかった。1991年の総選挙で7名の当選者を出し、1995年の総選挙では76議席を獲得した。

1997年イスラーム系政党の福祉党政権が軍部の圧力により退陣に追い込まれると、祖国党民主トルコ党と共に後継のユルマズ内閣を組織し、エジェヴィトも副首相として入閣した。

1999年1月にユルマズ内閣が退陣すると、エジェヴィトはデミレル大統領より組閣要請を受けて、民主左派党、祖国党民族主義者行動党による連立政権を発足させた。1999年2月には、クルド独立派のゲリラ指導者であるアブドゥッラー・オジャランが逮捕されたため、エジェヴィトの支持率は急上昇した。同年の総選挙で民主左派党は136議席を獲得し、議会第1党に躍進した。エジェヴィトは2002年まで政権を維持したが、2000年末の金融危機を発端に、大規模な経済危機が発生し、エジェヴィトの健康問題も顕在化して、政権は求心力を失っていった。

民主左派党は、2002年の総選挙で公正発展党の躍進のため惨敗し、議席を失って院外政党に転落した。エジェヴィトは2004年に党首を辞任し、後任の党首にはゼキ・セゼルが選出された。

2007年の総選挙にあたり、共和人民党との選挙協力を行い13議席を獲得した。

総選挙での得票率、獲得議席数[編集]

民主左派党が参加した総選挙での得票率、獲得議席数は以下の通り[1]

党首 得票数 得票率 獲得議席
1987年 ビュレント・エジェヴィト 2,044,576 8.5% 0
1991年 ビュレント・エジェヴィト 2,624,301 10.8% 7
1995年 ビュレント・エジェヴィト 4,118,025 14.6% 76
1999年 ビュレント・エジェヴィト 6,919,670 22.2% 136
2002年 ビュレント・エジェヴィト 384,009 1.2% 0

歴代党首[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Milletvekili Genel Seçimi sonuçları (トルコ政府統計局 国政選挙結果)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]