アブドゥッラー・オジャラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トルコの旗 トルコの政治家
アブドゥッラー・オジャラン
Abdullah Öcalan
Abdullah Öcalan.png
アブドゥッラー・オジャラン(1997年)
生年月日 1948年4月4日(66歳)
出生地 トルコの旗 トルコシャンルウルファ県ハルフェティ郡オメルリ
出身校 アンカラ大学
所属政党 クルディスタン労働者党
配偶者 ケスィレ・オジャラン
テンプレートを表示

アブドゥッラー・オジャラントルコ語: Abdullah Öcalan1948年4月4日 - )は、トルコクルド人独立派武装勢力のクルド労働者党の元党首。元共産主義者。

経歴[編集]

1999年ケニアナイロビにあるギリシャ大使館所有の建物に匿われていたが、CIAモサッドMİT により身柄を確保され(ナイロビ作戦)てトルコの特殊部隊ボルド・ベレに引き渡され、軍が借り上げた自家用ジェットでトルコに移送された。一旦死刑判決を受けたが、EU加盟を最優先するトルコ政府は、EU加盟基準遵守のために死刑制度を廃止した。そのため、オジャランも終身刑となり、現在もマルマラ海に浮かぶイムラル島で服役中である。

現在は武装闘争路線を放棄し、和平路線に転向した。2012年頃よりトルコ政府との対話が開始されるなど、和平に向けた動きも起こっている[1]

出典[編集]