美徳党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

美徳党(びとくとう、トルコ語: Fazilet Partisi, FP)は、トルコイスラーム系政党。

沿革[編集]

美徳党の前身は、1998年に軍部の圧力により非合法化された福祉党である。福祉党党首のネジメッティン・エルバカンは、福祉党の非合法化を予見して、後継政党の設立を準備しており、1997年12月に非福祉党員のイスマイル・アルプテキンを党首とする美徳党が設立された。福祉党は、1998年1月の憲法裁判所判決により非合法化され、所属議員の大半は美徳党に移籍した。

1999年に行われた総選挙では、111議席を獲得したが、前回選挙で福祉党が獲得した158議席に及ばず、議会第3党となった。

美徳党の党人事では、執行部が刷新され、国民秩序党時代からのエルバカン側近に加え、1990年代に台頭した若手活動家が党幹部となった。2000年の党大会では、若手活動家が推すアブドゥッラ・ギュルと、古参幹部が推すレジャイ・クタンの間で党首選挙が行われ、クタンが党首に選出された。

2001年に憲法裁判所の決定により美徳党は非合法化され、所属議員と支持勢力は、クタンが率いる至福党と、ギュルや前イスタンブル市長のエルドアンが率いる公正発展党に分裂することとなった[1]

総選挙での得票率、獲得議席数[編集]

美徳党が参加した総選挙での得票率、獲得議席数は以下の通り[2]

党首 得票数 得票率 獲得議席
1999年 レジャイ・クタン 4,805,381 15.4% 111

歴代党首[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 澤江 pp.179-187.
  2. ^ Milletvekili Genel Seçimi sonuçları (トルコ政府統計局 国政選挙結果)

参考文献[編集]

  • 澤江史子 『現代トルコの民主政治とイスラーム』 ナカニシヤ出版 2005年 (ISBN 4-88848-987-4)