森隆弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

森 隆弘(もり たかひろ、1980年3月2日- )は、日本の男子競泳の選手。株式会社ウェスタ所属

スポーツアカデミーアドバイザー兼、慶應義塾大学水泳部コーチ就任後、 2010年6月現在は個人で「スイムクリニック」と称したスイミングコーチを行っている。

経歴[編集]

  • 1980年3月2日、大分県に生をうける
  • 1980年7月、生後4ヶ月から大分金子スイミングスクールで水泳を始める
  • 1986年4月、大分市立日岡小学校入学
  • 1992年4月、大分市立原川中学校入学
  • 1995年4月、日本大学豊山高等学校入学
  • 1998年4月、日本大学文理学部体育学科入学
  • 2002年4月、ミキハウス入社
  • 2005年3月、ミキハウス退社
  • 2005年4月、日大豊山高校非常勤講師に就任
  • 2006年2月2日、競技への熱意が再燃したため現役復帰を宣言
  • 2006年4月、西日本スポーツアカデミー入社
  • 2008年5月、現役を引退、慶應義塾大学水泳部コーチに就任
  • 2008年11月27日、日本水泳連盟に正式に引退届けを提出
  • 2010年、独立

主な成績[編集]

  • 2002年8月、横浜パンパシフィック水泳選手権200m個人メドレー2分00秒61で2位、400m個人メドレー4分16秒53で3位。
  • 2002年10月、釜山アジア大会200m個人メドレー2分00秒53で1位、400m個人メドレー4分16秒63で2位。
  • 2003年7月、バルセロナ世界水泳200m個人メドレー2分01秒29で6位、400m個人メドレー4分17秒54で6位。
  • 2004年8月19日、アテネオリンピック200m個人メドレー2分00秒60で6位とアジア・日本人で初めて入賞した。
  • 2006年10月4日国民体育大会200m個人メドレー2分00秒24の大会新記録で優勝した[1]
  • 2007年4月、日本選手権200m個人メドレー2分01秒66で2位、400m個人メドレー4分21秒95で6位[2]
  • 2007年8月、世界競泳200m個人メドレー2分01秒95で6位、400m個人メドレー4分18秒65で3位[3]
  • 2008年4月、日本選手権200m個人メドレー2分01秒87で5位[4]、400m個人メドレーでは4分17秒34で優勝したが派遣標準記録に0.48秒足りなかったため北京五輪出場を逃した[5][6]

自己ベスト[編集]

泳法 距離 水路 記録 樹立日 大会名 備考
個人メドレー 200m 長水路 2分00秒29 2003年6月24日 第10回バルセロナ世界水泳選手権 準決勝
個人メドレー 400m 長水路 4分15秒41 2002年8月24日 第9回横浜パンパシフィック水泳選手権 予選

出典[編集]

外部リンク[編集]