永井奉子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

永井奉子(ながい ともこ、1981年5月10日 - )は日本競泳選手。種目は自由形。血液型A型。身長166cm。体重54kg。徳島県立徳島商業高等学校筑波大学卒業。

人物[編集]

2001年世界水泳選手権萩原智子山野井絵理三田真希と共に女子800m自由形リレーに出場5着でゴールになったものの、オーストラリアとアメリカ合衆国が失格、苦しい問題となり2日がかりで銅メダルを獲得した[1] [2]
2004年4月24日に行われたアテネオリンピック選考会の女子自由形100m決勝で1位となったが、おりん派遣標準記録突破はならなかった[3]が、女子100m自由形・女子200m自由形・女子4×100mメドレーリレーに出場予定となった[4]。女子4×100mメドレーリレーは結果は5位入賞となった[5]
引退後は2009年に中学・高校・大学の先輩と結婚した[6]

略歴[編集]

2002年
  • 釜山アジア大会[7]
    • 50m自由形 4位
    • 100m自由形 2位
    • 200m自由形 3位
    • 4×100mリレー 2位
    • 4×200mリレー 2位
2003年
2004年

脚注[編集]

  1. ^ 水泳連盟情報(月刊水泳・抜粋記事)
  2. ^ オリンピックプラス
  3. ^ 日本選手権兼アテネ五輪代表選考会
  4. ^ 四国放送おはようとくしま」(2004年6月25日放送)
  5. ^ 2004年アテネオリンピック大会
  6. ^ Yahoo!ブログ
  7. ^ 第14回アジア競技大会(釜山)・日本代表選手成績一覧