佐藤久佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐藤久佳 Swimming pictogram.svg
選手情報
フルネーム 佐藤久佳
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
生年月日 1987年1月12日(27歳)
生誕地 北海道苫小牧市
身長 179 cm
体重 72 kg
テンプレートを表示

佐藤久佳(さとう ひさよし, 1987年1月12日 - )は日本競泳選手。ミキハウス所属。

人物[編集]

苫小牧市立啓北中学校[1]日大豊山高校日本大学文理学部ミキハウス[1]

2005年9月2日、日本学生選手権水泳競技大会の4x100mリレー予選で、第1泳者における正式時間で49秒73を記録し、長水路100m自由形で日本人として初めて50秒の壁を突破[2]。更にその2日後に行われた100m自由形決勝では49秒71を記録。

2007年9月9日、日本学生選手権自由形決勝で48秒91と自身のもつ日本記録を更新。

2008年8月、北京オリンピックに出場。男子メドレーリレーで、銅メダルを獲得。

2009年4月、ミキハウスに入社。練習は母校の日大で行っている。ロンドン五輪出場を目指している。

自己ベスト[編集]

泳法 距離 水路 記録 樹立日 大会名 備考
自由形 50m 長水路 22秒80 2008年4月18日 第84回日本選手権水泳競技大会 [3][4]
自由形 100m 長水路 48秒91 2007年9月9日 第83回日本学生選手権水泳競技大会 [5]
自由形 200m 長水路 1分48秒77 2007年9月8日 第83回日本学生選手権水泳競技大会 [6]

自己ベスト[編集]

佐藤は日本記録を5度記録連続)し、日本人初となる49秒台、48秒台を達成している。長年日本水泳界では自由形の50秒きりが達成されず、1994年に松下幸広が50秒台を初めて出して以来1秒短縮するのに11年間かかった。しかし、2005年7月に細川大輔が50秒07で泳ぎ初の50秒切りスイマーの期待が高まったが、9月に大学一年生だった佐藤が49秒71を記録して初の50秒切りスイマーとなった。

男子100自由形日本記録[7][編集]

タイム 選手名 年月日 大会名
48.91 佐藤久佳 2007年9月9日 日本学生選手権水泳競技大会
49.22 佐藤久佳 2007年8月22日 世界競泳
49.32 佐藤久佳 2007年4月5日 日本選手権水泳競技大会
49.71 佐藤久佳 2005年9月4日 日本学生選手権水泳競技大会
49.73 佐藤久佳 2005年9月2日 日本学生選手権水泳競技大会
50.07 細川大輔 2005年7月 モントリオール世界選手権
50.13 細川大輔 2004年9月 日本学生選手権水泳競技大会
50.24 奥村幸大 2004年8月 アテネオリンピック
50.32 明部洋明 2002年6月 日本選手権水泳競技大会
50.41 名倉直希 2002年6月 日本選手権水泳競技大会
50.45 伊藤俊介 1999年6月 日本選手権水泳競技大会
50.68 伊藤俊介 1998年9月 日本学生選手権水泳競技大会
50.93 伊藤俊介 1998年1月 世界水泳選手権パース
50.98 松下幸広 1994年6月 日本選手権水泳競技大会
51.37 中野勉 1991年8月 エドモントンパンパシフィック水泳選手権
51.56 藤原勝教 1986年9月 アジア競技大会ソウル

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]