栖本町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
栖本町
廃止日 2006年3月27日
廃止理由 新設合併
本渡市牛深市有明町御所浦町倉岳町栖本町新和町五和町天草町河浦町天草市
現在の自治体 天草市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 熊本県
天草郡
団体コード 43528-7
面積 32.87km²
総人口 2,837
(2004年10月1日)
隣接自治体 上天草市本渡市
有明町倉岳町
町の木 クスノキ
町の花 アジサイ
町の鳥 ウグイス
栖本町役場
所在地 861-6395
熊本県天草郡栖本町大字馬場179
外部リンク 栖本町(Internet Archive)
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

栖本町(すもとまち)は、熊本県天草郡にあったである。「すこやかにやすらぎの里 栖本」を町の標語に掲げていた。町内を天草最大の河川である河内川が流れ、豊かで美しい自然が残っている。この美しい自然を活かし、ホタルカッパをモチーフに、さまざまなイベントが行われている。

2006年(平成18年)3月27日本渡市牛深市、天草郡御所浦町有明町倉岳町新和町五和町天草町河浦町合併し、天草市となった。かつての町域は天草市栖本町となっている。

地理[編集]

天草上島の南西部に位置する。

  • 川:河内川

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、天草郡栖本村・河馬田村が成立。
  • 1901年(明治32年)4月1日 - 天草郡栖本村・河馬田村が合併し、栖本村が発足。
  • 1962年(昭和37年)9月1日 - 栖本村が町制施行し、栖本町となる。
  • 2006年(平成18年)3月27日 - 本渡市、牛深市、天草郡御所浦町、倉岳町、新和町、五和町、天草町、河浦町、有明町と合併し、天草市となる。

行政[編集]

  • 町長:春間義人(はるまよしと)(2004年6月 -)2期目

経済[編集]

産業[編集]

町の特産品は、デコポンポンカン清見イチゴミニトマトオクラ

教育[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

栖本町内には鉄道路線がないが、九州産業交通バスで上天草市松島町もしくは本渡市を経由して、JR鹿児島本線 熊本駅三角線 三角駅に出ることができる。

道路[編集]

路線バス[編集]

  • 九州産業交通バス
    • 本渡バスセンター行き
    • 松島行き
    • 赤崎(上天草市龍ヶ岳町)行き
    • 教良木行き
    • 大河内行き
    • 浦学校前行き

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡[編集]

  • 大河内六地蔵
  • 大河内の梵鐘
  • 大河内六十六部塔
  • 小ヶ倉観音磨崖碑
  • 河内焼窯跡
  • 学半舎跡
  • 藤かづら
  • 馬場の板碑
  • 馬場城
  • 馬場の義民塔
  • 馬場の四面地蔵塔
  • 山浦観音磨崖碑
  • 下ノ門五輪塔
  • 平ノ口五輪塔
  • 利明寺薬師如来
  • 利明寺の梵鐘
  • 栖本城
  • 栖本郡代所跡
  • 仏日山円性寺
  • 円性寺常夜燈
  • 円性寺金剛力士像
  • アコウ大樹
  • 栖本諏訪神社
  • 栖本太鼓踊り
  • 永田隆三郎宅跡
  • 法界平等碑
  • 沖の瀬古墳
  • 下平古墳
  • 古江城
  • いげ神社

観光スポット[編集]

  • 河童ロマン館(温泉)
  • 河童街道
  • ひまわり畑

祭事[編集]

  • すもと夏祭り(8月14日
  • いげ神社祭(9月十五夜の日)(いげ神社)
  • 河内神社秋祭り(10月16日)(河内神社)
  • 栖本かっぱ祭り(11月6日
  • 栖本例大祭(11月第2日曜)(湯船原地区)
    • 栖本獅子舞、立笠・台笠(とったか・とこせい)、鳥毛行列の披露

関連項目[編集]