朝の新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

朝の新聞』(あさのしんぶん、Morgenblätter)作品279は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲したワルツ。『朝刊』と訳されることもある。

概要[編集]

作曲の動機は、1864年オッフェンバックが自作のオペレッタラインの妖精』を指揮するためにウィーンに訪れており、オッフェンバックは日頃から世話になっている新聞への感謝をこめて、ウィーンのジャーナリスト協会の「コンコルディア」が主催する舞踏会に、『夕刊』というワルツを作曲して提供した。そこで話題作りの好きなジャーナリストたちは、同じ舞踏会のために例年どおりシュトラウス2世にもワルツの提供を依頼するとともに、タイトルを『朝の新聞(朝刊)』としたいと提案してきたという。これにシュトラウス2世は「あまりにも挑戦的すぎる」と同意をためらったと伝えられている。

初演は同年の1月12日に、ゾフィエンザールの「コンコルディア舞踏会」で当日の夜に行われ、演奏はシュトラウス2世の率いるオーケストラでシュトラウス2世が指揮を担当したが、結果は遠来の客に対する礼儀ということもあったためか、『夕刊』の方がアンコールが多く、オッフェンバックが勝利を収める形となった。しかし、1世紀以上が経過したのち、シュトラウス2世の『朝の新聞』は彼の代表作としてニューイヤーコンサートなどでしばしば演奏されるのに対して、オッフェンバックの『夕刊』はほとんど演奏されなくなってしまった。

ちなみに『夕刊』はピアノ曲に編曲したものをマルコ・ソッリーニが演奏したCDで聴くことができる。