星吉昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

星 吉昭ほし よしあき1946年3月16日 - 2004年10月1日)は、日本シンセサイザー奏者である。

経歴[編集]

宮城県栗原郡若柳町(現在の栗原市)出身。1971年ビクター電子音楽コンクールでグランプリ受賞。1980年姫神せんせいしょん結成。翌年、シングル『奥の細道』でレコードデビューし、シンセサイザーで表現した日本の原風景的音楽で注目を集める。

大学時代を東京で過ごしていた頃は、デキシージャズに傾倒していた。帰郷後、南部牛追唄をシンセで演奏できないかという些細な考えがきっかけとなり、姫神せんせいしょんを結成する。

1984年、ユニット名を姫神と改め、ソロユニットとして活動を始める。活動の拠点を岩手県和賀郡東和町(現在の花巻市)の田瀬湖畔に置き、「北人霊歌」と呼ばれる音楽を発信し続ける。

2003年東北地方の音楽を世界に発信することを目的としてノースジャパンレコードを設立する。

2004年10月1日 心不全のため58歳で死去。その後、姫神は息子の吉紀が引き継ぎ、活動を続けている。

人物[編集]

  • ファンに対して非常に気さくに接することで有名である。
    • あるファンがサインをもらおうとしてデビュー作である「奥の細道」のレコードジャケットを持って楽屋を訪ねたところ、「おお、買ってくれたのか。ありがとう。」と握手をした、というエピソードがある。
  • 幼少の頃、父親に連れられて生まれて初めて海を見に行った時、台風の接近で海が荒れており、それ以来、海に対しては「怖い」というイメージしかなかったという。「海道を行く」等の海をモチーフにした作品は、ほとんど星や空をイメージして作っていたという。
  • レコーディングを行う環境に大きく影響を受けることがある。
    • デビュー曲「奥の細道」は、東京で録音したシングルバージョンの方が、盛岡で録音したアルバムバージョンよりもテンポが速い。
    • 真冬の山荘で録音された「遠野」には張り詰めた雰囲気が漂っているのに対して、同じ山荘で初夏に録音された「姫神」は、明るく開放的な雰囲気を持っている。
  • 使用してきたシンセサイザーは一台も手放すことなく全てスタジオに所有しており、氏の人柄が表れている。