日高舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日高 舞(ひだか まい、1988年10月27日-)は、日本の元新体操選手。宮崎県出身。身長162.5 cm、体重51kg。

略歴[編集]

6歳で新体操を始め、小学校5年生まで宮崎舞々会に所属。中学2年で単身上京して、安達新体操クラブ(コーチ:安達三保子)に所属。

越谷市立南中学校浦安市立浦安中学校東京学館浦安高等学校を経て、2011年3月に東京女子体育大学を卒業。

2005年、2007年、2009年と3大会連続で世界選手権へ出場。 2005年にアゼルバイジャンバクーで行われた世界選手権では、個人と団体の両方に出場(個人と団体の掛け持ちは史上初)。 2009年に三重県で行われた世界選手権では、日本人選手として2大会ぶりに個人総合決勝に進出し、15位となった。

2008年の全日本新体操選手権では女子個人総合、種目別全4種目制覇の完全優勝を成し遂げる。

2009年の全日本新体操選手権には股関節の故障を押して出場し、個人総合2連覇を達成。種目別でもロープ、フープ、ボールの3種目で優勝(フープは大貫友梨亜と同点優勝)したが、最後のリボンで4位に終わり、2年連続の完全制覇を逃した。

2009年11月に宮崎県から「みやざき大使」に任命され、東国原英夫知事より委嘱状が手渡された。

この後、傷めていた右股関節の手術を受け、長期のリハビリ生活に。

2010年8月の全日本新体操クラブ選手権から競技に復帰。同年の全日本選手権個人総合では大貫友梨亜に敗れ、3位に終わり、大会3連覇を逃した。

2011年11月に現役引退を表明。

経歴[編集]

  • 2003年、2003オーストラリアン・ユース・オリンピック・フェスティバル(個人総合優勝)。
  • 2003年、第34回全国中学校新体操選手権大会(個人総合優勝)。
  • 2003年、第21回全日本ジュニア新体操選手権大会(個人総合優勝、団体(安達新体操クラブ)優勝)。
  • 2003年、第56回全日本新体操選手権大会(個人総合5位)。
  • 2004年、第57回全日本新体操選手権大会(個人総合7位)。
  • 2005年、第20回全国高校新体操選抜大会(個人総合優勝)。
  • 2005年世界新体操選手権大会(アゼルバイジャンバクー)日本代表(個人総合122位、団体総合9位)。
  • 2005年、第58回全日本新体操選手権大会(個人総合10位)。
  • 2006年、第59回全日本新体操選手権大会(個人総合7位)。
  • 2007年、第28回世界新体操選手権大会日本代表決定競技会(個人総合3位)。
  • 2007年、第24回ユニバーシアード(タイバンコク) 個人総合11位
  • 2007年、第28回世界新体操選手権大会(パトラス)日本代表(個人総合49位)。
  • 2007年、第60回全日本新体操選手権大会(個人総合2位、ロープ・フープ:1位)。
  • 2008年、第17回全日本新体操クラブ選手権(個人総合優勝)。
  • 2008年、第60回全日本学生新体操選手権大会(個人総合優勝)。
  • 2008年、第61回全日本新体操選手権大会(個人総合優勝、種目別全4種目優勝)。
  • 2009年、第29回世界新体操選手権大会日本代表決定競技会(個人総合優勝)。
  • 2009年、第25回ユニバーシアード(セルビア・モンテネグロベオグラード) 個人総合21位
  • 2009年、第61回全日本学生新体操選手権大会(個人総合優勝)。
  • 2009年、第29回世界新体操選手権大会(三重県)(個人総合15位)。
  • 2009年、第62回全日本新体操選手権大会(個人総合優勝、種目別3種目(ロープ、フープ、ボール)優勝)。
  • 2010年、第19回全日本新体操クラブ選手権(個人総合3位)。
  • 2011年、第31回世界新体操選手権大会日本代表決定競技会(個人総合5位)。
  • 2011年、第20回全日本新体操クラブ選手権(個人総合3位)。

テレビ出演[編集]

外部リンク[編集]

先代:
2007年
横地愛
2008~2009年
全日本新体操選手権大会
女子個人総合優勝
日高舞
次代:
2010年
大貫友梨亜