斎藤信夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

斎藤信夫(さいとう のぶお)は、1911年(明治44年)3月3日千葉県南郷村(後:成東町、現:山武市)五木田に生まれ、小学校教師をしながら童謡の創作を続けた童謡作詞家である。終戦を境に神州不滅皇国史観教育をしてきた自分を反省し、小学校教師を辞職してしまうという気骨を持った人物であったが、童謡を通じ子供や動物を見る目は暖かかった。終戦直後に発表された童謡「里の秋」を作詞したことで知られ、生涯一万余篇の詩作をした。

経歴[編集]

  • 1911年(明治44年)3月3日千葉県山武郡南郷村五木田(後:成東町、現:山武市五木田)に生れる。
  • 16歳頃 千葉師範学校(現:千葉大学教育学部)入学 1927年(昭和2年)。
  • 20歳頃 千葉師範学校卒業 1931年(昭和6年)。
  • 千葉師範学校卒業後、地元の小学校教師となり、奉職しながら詩作と教材雑誌に投稿を続ける。投稿の雑誌で海沼實の存在を知り面会する。
  • 1941年12月日米開戦愛国心高揚して『星月夜』など数編を一気に書き上げ、海沼實などに郵送するもいずれも返事がなかった。
  • 1945年8月、終戦。後に小学校の教職を辞す。
  • 1945年12月、海沼實に『星月夜』を改作することを依頼される。一週間後『星月夜』の改作「里の秋」がNHKの『外地引揚同胞激励の午後』で放送され全国的大ヒットとなる。 
  • 「里の秋」のヒット後、暫く川田正子家庭教師をしていたが、プロの作詞家とはならず、1947年(昭和22年)中学校の教師として教壇に復す。
  • 1967年(昭和42年)3月、55歳で定年退職
  • 1987年(昭和62年)9月20日死去。享年76。

里の秋[編集]

終戦の年の12月中旬、突然の海沼實から『スグオイデコフ カイヌマ』の電報が届いた。何の用事か見当も付かず、海沼にも戦意高揚の童謡を送り付けていた事も忘れていた。斎藤が送った『星月夜』を示して海沼は、一番、二番はこれでいいが三番、四番を作り直して貰いたい、と告げた。『星月夜』の三番は戦地の父を励まし、四番は自分も大きくなったら立派な兵隊になる、というまさに少国民向けの詞であったの。海沼は、改作した歌を12月24日のNHKの番組『外地引揚同胞激励の午後』で放送し、復員兵に歓迎と慰労の意を伝えたいために三番、四番を纏めて新しい三番を期日までに作って貰いたい、と説明した。

『星月夜』は戦意高揚の意気に燃えて作った詩である。それを一、二番はそのままで新三番により全く正反対の詩にしろ、というに等しい要求は、詩人にとって厳しいことで、詩作は難航した。苦吟すること一週間ほど、放送前夜にやっと完成した。斎藤は後になって、三番は無くてもよい、という意味のことを言っているが、研究者の間では、新三番の舞台として戦地を象徴する『椰子の島』(これは『星月夜』の三番にもあった)を残して“ご無事を祈ります”という詩の流れと完結を作ったこと、また、一番の冒頭“しずかなしずかな”二番の“あかるいあかるい”に呼応して新三番に“さよならさよなら”を採用し、戦争を含むこの時代の負の部分への訣別を表すものとして詩全体を支配させたことは秀逸である、とする見解も多い。

斎藤は放送当日、新『星月夜』を持参して愛宕山のNHK放送局に駆け付けた。海沼は、曲名『星月夜』を「里の秋」と改名すること、二番にある“星の夜”を“星の空”と変更することを提言した。かくして昭和20年12月24日午後1時45分、「里の秋」は川田正子の声に乗って全国に流れた。

主な作品[編集]

歌碑・その他[編集]

  • 千葉県山武市の成東城跡公園に自筆の「里の秋」の歌碑
  • 母校の南郷小学校校庭に「里の秋」の歌碑
  • 千葉県いすみ市岬町岩熊の『童謡の里』に五線譜付きの「蛙の笛」、「里の秋」の歌碑および海沼美智子の寄稿碑
  • 長野県松代町(現長野市)のつつみ公園内に「里の秋」「蛙の笛」の歌碑
  • 兵庫県たつの市龍野町の童謡公園内に「里の秋」の歌碑
  • 同人誌花馬車」を主宰
  • 著書に『童謡の作り方』『童謡詩集 子ども心を友として』など。ペンネームは葉山春夫