志賀直哉旧居 (奈良市高畑)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

志賀直哉旧居奈良県奈良市高畑にある文学館白樺派の小説家志賀直哉の旧居。高畑サロンとも呼ばれる。一般公開されており、また奈良文化女子短期大学のセミナーハウスとしても使用されている。

和風庭園から望む
サンルーム

概要[編集]

1929年4月に竣工した志賀直哉自らが設計したとされる和洋中折衷住宅。 モダンな食堂兼娯楽室とサンルームと庭園を備え、多くの文人画家の集いの場となっていたから、彼らの間で高畑サロンと呼ばれていた。

書斎は、天井が葦張りの数奇屋作りで窓から和風庭園と借景である若草山の眺望をうることができる。 ここで「暗夜行路」、「鳥取」、「雪の遠足」、「リズム」、「万歴赤絵」、「日曜日」、「颱風」、「豊年虫」 などの作品が書き上げられた。

2008年11月1日から当時(昭和初期)の姿に復元する改修工事が行われた。(設計・施工奥村組)

志賀直哉の旧居関連年表[編集]

  • 1925年(大正14年) - 京都山科から奈良市幸町に転居
  • 1929年(昭和4年) - 奈良市幸町から上高畑に転居
  • 1937年(昭和12年) - 「暗夜行路」を完結する
  • 1938年(昭和13年) - 上高畑から鎌倉に転居

(生涯で28回転居を繰り返した)

来訪した文人画家[編集]

利用情報[編集]

  • 開館時間 - AM8:40~PM4:30
  • 休館日 - 木曜

建築概要[編集]

  • 設計 - 志賀直哉、下島松之助
  • 施工 - 下島松之助
  • 竣工 - 1929年
  • 構造 - 木造、数寄屋造
  • 敷地面積 - 1,440m²
  • 延床面積 - 442m²
  • 所在地 - 〒630-8301 奈良県奈良市高畑大道町1237-2

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度40分40.1秒 東経135度50分37秒