志村ふくみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
志村 ふくみ
志村ふくみの肖像写真
志村ふくみ。日本の染織家、紬織の重要無形文化財保持者(人間国宝)、随筆家。
生誕 1924年9月30日(89歳)
日本の旗 日本滋賀県近江八幡市
分野 染織紬織)、随筆
最終学歴 文化学院卒業
影響を与えた
芸術家
小野豊
選出 日本工芸会
ウェブサイト しむらのいろ - 志村ふくみ、志村洋子公式ホームページ
受賞
紫綬褒章(1986年)
人間国宝(1990年)
文化功労者(1993年)
第10回大佛次郎賞(1983年度)
日本エッセイスト・クラブ賞(1993年)
テンプレートを表示

志村 ふくみ(しむら ふくみ、1924年大正13年)9月30日 - )は、日本の染織家紬織の重要無形文化財保持者(人間国宝)、随筆家

草木染めの糸を使用した紬織の作品で知られる。

経歴[編集]

滋賀県近江八幡市生まれ。1942年(昭和17年)、文化学院卒業。文化学院の1学年上級には女優の高峰秀子がいた。

31歳のとき、若い頃に柳宗悦の民芸運動に共鳴して織物を習っていた母・小野豊の影響で、織物を始める[1]

1957年(昭和32年)の第4回日本伝統工芸展に初出品で入選し、その後第五回で奨励賞、第六回、第八回で文化財保護委員会委員長賞、第七回で朝日新聞社賞、と4度の受賞を重ね、特待者となった。 農村の手仕事だった紬織を「芸術の域に高めた」と評価され、1990年(平成2年)に紬織の重要無形文化財保持者(人間国宝)の保持者に認定された。[2] また随筆の名手としても知られ『一色一生』で第10回(1983年度)大佛次郎賞を受賞している。

現在は京都市右京区嵯峨野に工房を構える。

2013年(平成25年)4月に京都市左京区岡崎に芸術体験を通して学ぶ場として、娘で同じく染織作家の志村洋子[3]とともにArs Shimura(アルスシムラ)を設立[1]。教本として『伝書しむらのいろ』を刊行した。同5月には、GALLERY FUKUMI SHIMURAをオープンした。

門下に2010年に紋紗(もんしゃ)の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された土屋順紀がいる[4]

受賞歴等[編集]

染織家として
随筆家として

著書[編集]

  • 『志村ふくみ作品集 1958〜1981』紫紅社 1981
  • 『一色一生』求龍堂 1982 のち文春文庫講談社文芸文庫
  • 『色と糸と織と』岩波書店 岩波グラフィックス 1986 のち改題、『色を奏でる』 ちくま文庫
  • 『語りかける花』人文書院 1992 のちちくま文庫
  • 『織と文』求龍堂 1995
  • 『母なる色』求龍堂 1999
  • 『ちよう、はたり』筑摩書房 2003
  • 『篝火 続・織と文』求龍堂 2004
  • 『小裂帖』筑摩書房 2007
  • 『白夜に紡ぐ』人文書院 2009
  • 『美紗姫物語』求龍堂 2011
  • 『白のままでは生きられない―志村ふくみの言葉』求龍堂 2011
  • 『晩禱 リルケを読む』人文書院、2012 
  • 『薔薇のことぶれ リルケ書簡』人文書院、2012
  • 『伝書しむらのいろ』求龍堂 2013 

共著[編集]

  • 『一茎有情 対談と往復書簡』宇佐見英治 用美社 1984
  • 『母と子の織りの楽しみ』志村洋子 美術出版社 1993
  • 『心葉 平安の美を語る』白畑よし 人文書院 1997
  • 『たまゆらの道 正倉院からペルシャへ』志村洋子 世界文化社 2001
  • 『いのちを纏う 色・織・きものの思想』鶴見和子 藤原書店 2006
  • 『しむらのいろ―志村ふくみ・志村洋子の染織』志村洋子 求龍堂 2009
  • 『雪月花の日々 京都暮らし 春夏秋冬』志村洋子、中田 昭 淡交社 2010

出典[編集]

  1. ^ a b アルスシムラ、しむらのいろ(公式サイト)、2013年12月20日閲覧。
  2. ^ 「時代の証言者 染めと織り 志村ふくみ」読売新聞(2013年2月27日)
  3. ^ 略歴、しむらのいろ(公式サイト)、2013年12月20日閲覧。
  4. ^ 「時代の証言者 染めと織り 志村ふくみ」読売新聞(2013年3月5日)
  5. ^ 井上靖記念文化財団の紹介

外部リンク[編集]