後腰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古流の後腰

後腰(うしろごし)は柔道投技の一つ。

概要[編集]

自然体で相手の背後から左手で腰を抱きかかえ、右手で引きつけ持ち上げた上でたたき落とす難易度の高い技である。背負投払腰内股など背を向ける技を読んでカウンターで出せば非常に決まりやすい。

不意を突かれた上に真下に思い切り叩きつけられるため受ける側は注意が必要である。

起源[編集]

『通説・柔道図解』によると昔の後腰は現代とは違う。「左手で相手の左腰を、右手で右腰を押し、背後を左前に密着させる」ような技であった。

外部リンク[編集]