弦楽四重奏曲第14番 (ベートーヴェン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ短調作品131は、ベートーヴェン1826年に完成させた室内楽曲。出版順によって14番とされているが、実際には15番目に作曲された弦楽四重奏曲である。定型に反して7楽章からなるが、いくつかの楽章が連結されているため、ちがう数え方をする説もある。所要時間約38分。ヨーゼフ・フォン・シュトゥッターハイム男爵に献呈されている。

会心の作品であり、しばしば引用されるところによると、「ありがたいことに、創造力は昔よりもそんなに衰えてはいないよ」と友人に語ったという。《弦楽四重奏曲第13番》と《第15番》とともに、ベートーヴェンの創作活動の頂点を極めた作品である。シューベルトはこの作品を聴いて、「この後でわれわれに何が書けるというのだ?」と述べたと伝えられている。

曲の構成[編集]

7楽章構成であるが、第1楽章をきわめて長い序奏、第3・第6楽章を次の楽章への前奏曲と解釈すると、伝統的な4楽章構成を大幅に拡大したものと見ることもできる。

第1楽章 Adagio ma non troppo e molto espressivo
自由な形式のフーガである。このような穏やかな楽章で開始されるのは極めて異例。
第2楽章 Allegro molto vivace
遠隔調であるニ長調に転ずる。うって変わって、いきいきとした主題を持つロンド。これも副主題がロンド主題から導かれてあまり目立たないなど、自由な形式になっている。
第3楽章 Allegro moderato - Adagio
11小節しかなく、独立した楽章というより、次の楽章への経過句といえる。
第4楽章 Andante ma non troppo e molto cantabile - Più mosso - Andante moderato e lusinghiero - Adagio - Allegretto - Adagio, ma non troppo e semplice - Allegretto
作曲者が晩年に積極的に取り組んだ変奏曲形式の技法は、ここでも追求されている。後期の変奏曲の特徴として、変奏が主題との関係をかなり維持したまま行われる。
第5楽章 Presto
スケルツォらしい、諧謔的な主題を持つ。いくらかのびやかなトリオは二度繰り返される。ピチカートによる楽器間のやり取りや、特にコーダにおけるスル・ポンティチェロの部分など、音響的にも実験が見られる。
第6楽章 Adagio quasi un poco andante
この調はベートーヴェンの全楽曲の中でも非常に珍しい。ヴィオラによって物悲しいカヴァティーナ風の旋律が歌われる。この旋律はフランス民謡から取られたともいわれている。全体として間奏曲的な役割である。
第7楽章 Allegro
終楽章においてはじめて、堂々としたソナタ形式が登場する。激しく叩きつけるような第1主題と流れるような第2主題からなる。最後は喜ばしく締められる。やはり対位法的な書式も用いられている。

外部リンク[編集]