弦楽四重奏曲第13番 (ベートーヴェン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調作品130は、ベートーヴェンの作曲した室内楽曲。1825年11月に完成された[1]。伝統的に出版順に番号付けされているが、作曲順では本作が14番目に該当する。1826年3月にシュパンツィヒ四重奏団によって初演され、1827年の出版時にニコライ・ガリツィン伯爵に献呈された。

当初は『大フーガ』を含む6楽章からなり、50分を越える作品となる予定だった。ベートーヴェンは後期においてしばしばフーガを好んでおり、本作だけでなく「ピアノソナタ第29番『ハンマークラヴィーア』」「交響曲第9番」「ピアノソナタ第31番」で取り上げている。しかしこの曲の終楽章に置かれたフーガは大変難解で、初演後にも評価が二分した。結局ベートーヴェンは、友人の助言や出版社からの要請もあって、「大フーガ」を切り離して、これとは別の、もっと軽快で小型のフィナーレを書き直すことになった。

本稿では、フィナーレ改作後のものについて述べる。改作前の終楽章は独立して作品133として出版されており、そちらは『大フーガ』の項目に詳しい。

現代では『大フーガ』も再評価され、ベートーヴェンの当初の意図通りこのフーガを本来の形で終楽章として演奏したり、あるいは新旧のフィナーレを両方取り上げるといった演奏もしばしば行われている。

曲の構成[編集]

本作は、6楽章で構成されている点で異例の弦楽四重奏曲である。5楽章で構成された第15番の次に作曲されており、さらに規模が拡大していることがわかる。大フーガが差し替えられた改訂後のものでも、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の中では最も演奏時間が長い。中間楽章において通例とは逆の舞踊楽章、緩徐楽章という並べ方をするのは《交響曲第9番》などでも見られたが、本作では、中間2楽章の並びがもう一度くり返され、開始楽章、舞踊楽章、緩徐楽章、舞踊楽章、緩徐楽章、終楽章となっている。

第1楽章 Adagio, ma non troppo - Allegro
瞑想的で荘重な序奏における第1ヴァイオリンの旋律は、この楽章全体の中核をなし、提示部や展開部のつなぎ目でたびたび姿を見せる。
第2楽章 Presto
スケルツォ風の短い楽章。きわめて速く、せわしない音型の密集である。
第3楽章 Andante con moto, ma non troppo. Poco scherzoso
美しい情緒をたたえた緩徐楽章であるが、"ポコ・スケルツォーソ"(ややおどけて)とある通り、民族舞踊曲風のくだけた印象を持つ旋律が特徴で、二度目の緩徐楽章であり崇高なカヴァティーナである第5楽章とは対照的である。
第4楽章 Alla danza tedesca. Allegro assai
「ドイツ舞曲風」と題されているが、これはレントラーのことである。第2楽章と同じく、次の楽章への橋渡し的な短い楽章となっている。
第5楽章 Cavatina. Adagio molto espressivo
「カヴァティーナ」とは叙情的なアリアを指し、その名の通り非常に美しい旋律を持つ。
第6楽章 Allegro
前述の通り、後から差し替えられた楽章。改作前のものとは打って変わって、沸き立つようなリズムと楽しげな主題の楽章であるが、対位法的な部分も少なからず使われている。

外部リンク[編集]