広大附属学校前停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広大附属学校前駅から転送)
移動: 案内検索
広大附属学校前停留場
広島港方面ホーム
広島港方面ホーム
ひろだいふぞくがっこうまえ
- Hirodai-fuzokugakkou-mae -
U9・H9皆実町六丁目 (0.3km)
(0.3km) U11県病院前
所在地 広島市南区翠一丁目
駅番号 U10
所属事業者 広島電鉄
所属路線 宇品線
キロ程 3.2km(紙屋町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1935年12月27日

広大附属学校前停留場(ひろだいふぞくがっこうまえていりゅうじょう)は、広島市南区翠一丁目にある広島電鉄宇品線路面電車停留場広大附属学校前電停(ひろだいふぞくがっこうまえでんてい)とも呼ばれる。

構造[編集]

2面2線の相対式ホーム。3両・5両連接車でもすべてのドアから乗降が可能。交差点をはさんで南側に下り線(広島港方面)、北側に上り線(広島駅紙屋町方面)ホームがある。1990年代までは安全地帯のない平面電停だった。

運行路線[編集]

広島港方面行きホーム
(交差点東側)
1号線3号線5号線 広島港ゆき
3号線5号線 宇品二丁目ゆき
比治山下・紙屋町方面行きホーム
(交差点西側)
0号線 広電前ゆき
1号線 紙屋町経由広島駅ゆき
3号線 広電西広島ゆき
5号線 比治山下経由広島駅ゆき

周辺[編集]

路線がある宇品通りは商店が立ち並ぶ。路地裏は古くからの住宅街である。

近隣にあるバス停の名称は「広大附属高校前」、電停の前にある交差点の名称は「広大附属校前」とそれぞれ異なる名称である。

歴史[編集]

  • 1935年12月27日 御幸橋 - 宇品間新線開業に伴い、高等学校として開業
  • 1942年5月頃 いったん廃止
  • 1945年8月頃 復活。その後皆実分校前に改称(改称時期不明)
  • 1955年頃 広大教養部前に改称
  • 1961年2月28日 広大附属高校前に改称
  • 1964年6月10日 現在の広大附属学校前に改称

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 長船友則著『広電が走る町 今昔』(JTBパブリッシング) ISBN 4-533-05986-4