巨象の道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
巨象の道
Elephant Walk
監督 ウィリアム・ディターレ
脚本 ジョン・リー・メイヒン
原作 ロバート・スタンディッシュ
製作 アーヴィング・アッシャー
出演者 エリザベス・テイラー
ダナ・アンドリュース
ピーター・フィンチ
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ロイヤル・グリッグス
編集 ジョージ・トマシーニ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1954年4月21日
日本の旗 1954年8月3日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

巨象の道』(きょぞうのみち、原題:Elephant Walk)は、1954年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。(撮影は1953年

概要[編集]

ロバート・スタンディッシュの小説を基にウィリアム・ディターレが監督、エリザベス・テイラーダナ・アンドリュースピーター・フィンチが主演した。ヒロインには当初、テイラーを予定していたが、妊娠したため、夫であったローレンス・オリヴィエとともにヴィヴィアン・リーがキャスティングされるも、リーのみが引き受け、撮影が開始されたが、セイロンでの野外ロケを終え、ハリウッドのパラマウントスタジオで屋内ロケをする矢先に神経衰弱の発作に襲われ、倒れた。そこで背格好がヴィヴィアンと酷似し出産を終えたテイラーが所属先のMGMから貸し出され、ヴィヴィアンに代わって出演している。ヒロインがテイラーに戻されたことで、脚本が書き換えられ、不義の子どもを産むくだりはカットされた。テイラーは出産直後でイーディス・ヘッドがデザインした衣装を着こなすことが出来なかったので、衣装を全て作り直さなければならなかった。

テクニカラー作品として撮影され、セイロンでロケーションが行われており、実際にロケーションに参加したヴィヴィアンの出演場面が一部利用された(ただし、テイラーはセイロンでロケをせず、出演場面は全てハリウッドのスタジオで撮影された。なお、ヴィヴィアンの体の負担を考え、当初からロングショットには代役が起用されており、結果としてヒロインを3人が演じることとなった。)。

キャスト[編集]

  • ルース:エリザベス・テイラー
  • ディック・カーヴァー:ダナ・アンドリュース
  • ジョン・ワイリー:ピーター・フィンチ

スタッフ[編集]

  • 監督:ウィリアム・ディターレ
  • 製作:アーヴィング・アッシャー
  • 脚本:ジョン・リー・メイヒン
  • 音楽:フランツ・ワックスマン
  • 撮影:ロイヤル・グリッグス
  • 編集:ジョージ・トマシーニ
  • 美術:J・マクミラン・ジョンソン、ハル・ペレイラ
  • 装置:サム・カマー、グレース・グレゴリー
  • 衣裳:イーディス・ヘッド

外部リンク[編集]