山精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕今昔画図続百鬼』より「山精」

山精(さんせい)は、中国河北省に伝わる妖怪[1]。「山鬼(さんき)」とも。

山の動物の支配者とも言われる。

日本江戸時代の百科事典『和漢三才図会』では『永嘉記』『玄中記』『抱朴子』などの中国の文献からの引用として解説文が述べられており、それによると身長は1尺(永嘉記)または3~4尺(玄中記)、1本脚は常人とは逆向きについており(画像参照)、カニやカエルを食べる。夜に現れて人を犯すが、「」の名を呼ぶと彼らは人を犯すことができないという。また人の方が山精を犯すと、その人は病気になったり、家が火事に遭ったりするという[1]

日本の鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』では、を手に持ちながら山小屋を覗く、一本足の角無しのの姿で描かれている。解説文では「もろこし安国県(現在の中国の安国市)に山鬼あり」と述べ、『永嘉記』からの引用として前述と同様の特徴が述べられている[2]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 寺島良安 『和漢三才図会』6、島田勇雄他訳、平凡社東洋文庫〉、1987年、154頁。ISBN 978-4-582-80466-9
  2. ^ 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、111頁。ISBN 978-4-336-03386-4