山精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕今昔画図続百鬼』より「山精」

山精(さんせい)は、中国河北省に伝わる妖怪[1]山鬼(さんき)[2]とも。

日本江戸時代の百科事典『和漢三才図会』には、中国の文献が引用した解説が載っている。それによると、安国県(現在の中国の安国市)に山精はおり、身長は1(『永嘉記』)または3~4尺(『玄中記』)、1本だけ生えているかかとの向きが前後逆についており(『抱朴子』、画像も参照)、山で働く人々からを盗んだり、カニカエルをよく食べたりする。夜に現れて人を犯すが、「」(ばつ)の名を呼ぶと彼らは人を犯すことが出来なくなるという。また人の方が山精を犯すと、その人は病気になったり、家が火事に遭ったりするという。また、『和漢三才図会』では「山精」という字には「片足のやまおに」という訓がつけられている[1]

日本における山精[編集]

日本の鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』では、カニを手に持ちながら山小屋をのぞく姿で描かれている。解説文では「もろこし安国県に山鬼(さんき)あり」と『和漢三才図会』に見られる解説文を引用し、「塩を盗む」、「カニを食べる」などの特徴を記している[3]

昭和・平成以後の妖怪に関する文献では、上記の『今昔画図続百鬼』に山精が描かれていることを受け、「中国の妖怪」では無く「日本の妖怪」として山精を紹介しているものもある。塩を欲しがって山小屋に現われる[4]、山の動物を支配している[5]などの特徴が解説されている。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 寺島良安 『和漢三才図会』6、島田勇雄他訳、平凡社東洋文庫〉、1987年、154頁。ISBN 978-4-582-80466-9
  2. ^ 『永嘉記』に見られる異名。
  3. ^ 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、111頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  4. ^ 水木しげる 『決定版 日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様』 講談社講談社文庫)、2014年、335頁。ISBN 978-4-062-77602-8
  5. ^ 佐藤有文『日本妖怪図鑑』立風書房 1972年 66-67頁 山精(やませい)

関連項目[編集]