山海嘉之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山海 嘉之
人物情報
生誕 1958年
日本の旗 日本岡山県
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
出身校 岡山朝日高校茨城大学筑波大学
学問
研究分野 ロボット工学
研究機関 筑波大学
主な業績 世界初のロボットスーツ「HAL」の開発
主な受賞歴 グッドデザイン賞金賞(2006年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

山海 嘉之(さんかいよしゆき、1958年 - )は、日本工学者であり、サイバーダイン株式会社の創設者兼CEO筑波大学教授。日本ロボット学会理事、日本栓子検出と治療学会会長などを歴任。グローバルCOEサイバニクス国際教育研究拠点 拠点リーダー、内閣府最先端研究開発支援プログラム「健康長寿社会を支える最先端人支援技術研究プログラム」中心研究者 (サイバニクス研究コア/Center for Cybernics Research 統括)。工学博士(筑波大学、1987年)[1]

世界初のサイボーグ型ロボットであるロボットスーツHAL」を開発した。

経歴[編集]

小学3年生の時にアイザック・アシモフの短編集『われはロボット』を読んだことと、石ノ森章太郎原作の『サイボーグ009』のアニメを見たことで、ロボットサイボーグを製作している博士に興味を抱く。
中学生時代には、『レーザーの基礎と実験』(松平維石 著。共立出版、1972年)に触発され、レーザーに興味を抱く。中学生に炭酸ガスレーザーアルゴンイオンレーザーの媒体に必要なガスの入手が行えないため、母親の所有する指輪から、ルビーレーザーに挑戦するも、カッティングがレーザーに向かないなどの理由で失敗。母親に叱られて終わる。その後、ルビーを自作しようと酸化アルミニウムを集めて加熱するなど(ルビーの自作には失敗)、自身が興味を持ったものを次々と調べ、試していった。
筑波大学講師、助教授、米国・ベイラー医科大学客員教授を経て、筑波大学システム情報系教授。サイバニクス研究センター長。人・機械・情報系を融合複合した新学術体系を確立し、サイバニクス(Cybernics)と命名する。
  • 2004年6月24日、研究成果を活用することを目的に大学発ベンチャー企業「サイバーダイン株式会社(CYBERDYNE Inc.)」を設立、ロボットスーツHALの研究開発/製造/販売を推進。
  • 2008年 グローバルCOE(Global Center Of Excellence )プログラム 採択。サイバニクス国際教育研究拠点 拠点リーダー。
  • 2009年 最先端研究開発支援プログラム 中心研究者 採択。Center for Cybernics Research(サイバニクス研究コア) 統括。

受賞歴[編集]

この他、日本ロボット学会、国際人工臓器学会、アメリカ合衆国人工臓器学会、国際連続流人工心臓学会などの賞を受賞。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 論文題目『工学的手法に基づく血液浄化治療の制御』 - 博士論文書誌データベースより
  2. ^ グッドデザイン賞「ロボットスーツ HAL-5」 - 山海はプロデューサーとして受賞。2014年9月5日閲覧。
  3. ^ 2009年当時の組織名称。2012年に改組され公益社団法人発明協会となっている。

参考文献[編集]

関連[編集]

外部リンク[編集]