対消滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

対消滅(ついしょうめつ、annihilation)は、粒子反粒子が衝突し、エネルギーを他の粒子に変換される現象である。対生成の逆。 例えば電子陽電子(電子の反粒子。電子と同じ質量でプラスの電荷をもつ)の衝突では、電子と陽電子はそれぞれの静止エネルギー(それぞれ511keV)とそれらのもつ運動エネルギーの和に等しいエネルギーをもつ光子に変換され、γ線として観測される。具体例としては非常に精度の高い約511keVのエネルギーをもつγ線源として知られるナトリウムの放射性同位体22Naがある。原子核β+崩壊によって放出する陽電子と原子核の周囲に存在する電子が対消滅し光子に変換される。対消滅では運動量が保存されるため、大きな運動エネルギーをもたない電子と陽電子の対消滅により変換された二つの光子は均等に分配された静止エネルギーを持つことになる。

対消滅炉[編集]

対消滅炉は対消滅で発生するエネルギーを取り出す、SFではお馴染みの架空の原動機燃料となる反物質の量は取り出せるエネルギーに比して極小ですむため、相当のエネルギーを必要とするはずの空間歪曲によるワープ重力制御(慣性制御含)、超光速等を利用する架空の宇宙航法の主機関として想定されている。

言い方が異なるだけで、反物質機関等と同じものをさしている。

対消滅炉が登場する作品として以下が挙げられる。

参考文献[編集]

図解雑学 素粒子』 二間瀬敏史(著)、ナツメ社

関連項目[編集]