安藤尋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

安藤 尋(あんどう ひろし、1965年6月13日- )は日本の映画監督東京都出身。若者の生活を題材にした作品を多く手がける。

早稲田大学在学中より映画製作の現場に携わる。1989年頃より助監督として活動し、成人向け映画をへて1997年に「pierce LOVE&HATE」を監督したが、2002年まで劇場公開は果たせなかった。1999年のオリジナル作品『dead BEAT』が劇場公開映画デビュー作となる。2003年に魚喃キリコ原作の『blue』が公開されて、新進の映画監督として広く知られるようになった。

安藤の監督作は大友良英が音楽を担当し、村上淳が出演する作品が多い。

主な監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 痴漢白書5(1996年)
  • 新・痴漢日記2(1999年)
  • 恋愛家庭教師 密まみれの唇(2002年)- 脚本・監督
  • 高校教師 飼育の校舎(2003年)
  • 高校教師 欲情する聖女たち(2004年)
  • 機械仕掛けのRQ(2006年)