孤独 (ジョン・レノンの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

孤独(Isolation)は、ジョン・レノン楽曲1970年発表のアルバムジョンの魂』に収録されている。

静かなピアノの旋律に乗せてジョンの心情が淡々と歌われる。スーパースターとしての苦悩と現実社会への不満を歌っており、人間ジョン・レノンの本質を窺い知ることができる。同アルバム収録の「労働階級の英雄」に近い内容だが、この「孤独」のほうがより個人的な内容と言える。

そのことを物語るように、歌詞には当時ジョンと妻オノ・ヨーコが周囲から奇人変人扱いされていたことを伺わせるくだりが登場している。

元々は、ビートルズ時代に作られていた楽曲だったが、『ジョンの魂』の制作にあたって改めてレコーディングされた。