婚礼 (ワーグナー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

婚礼』(こんれい、:Die Hochzeit)は、リヒャルト・ワーグナーが作曲し、未完のまま放棄されたオペラである。

概要[編集]

1832年交響曲ハ長調の初演のためにプラハに滞在していたワーグナーは、この『婚礼』の台本を書き上げて、ライプツィヒに戻った[1]

このオペラの素材は、ドイツの古代史研究家、文学史研究家、ゴットロープ・ビュッシングの著書『騎士道時代と騎士道の本質』からとられている[2]

第一幕第一場の作曲を終えたワーグナーは、作曲の師であるテオドール・ヴァインリヒに楽譜を見せた。ヴァインリヒは、七重唱は明確に歌いやすく書かれていると評価した[3]

しかし、ワーグナーの姉ロザーリエは、このオペラの筋書きが残酷であることに否定的な意見を述べた。当時のワーグナーは彼女の意向を重視していたため、彼は自らこの作品の作曲を放棄した[4]。後に、ワーグナーは、この作品を破棄した理由は、自惚れが傷つけられたからではない、と述べている[5]

第一幕第一場のスコアは破棄されずに残り、1933年2月にロストックにて初演された[6]

音楽的特徴[編集]

この作品の音楽的特徴について、アーネスト・ニューマンは、様式にはあまり個性が無い、としつつも、「女声合唱は魅力なしとしない」と述べている[7]

また、クルト・フォン・ヴェステルンハーゲンは、「あるレチタティーヴォの伴奏部には、何度も純粋のワーグナー的動機が聴かれる」[8]。「このオペラが仕上がっていれば、あとに続く三曲のオペラと比較した場合、それはずっと個性的なオペラ、つまりはるかにワーグナー的な作品となっていたことだろう」[9]と評価した。

ワーグナー自身は、この作品を後に「真っ黒な夜曲」と呼び、この作品では、どんな光線も、オペラらしい装飾も加えることが出来なかったと語った[10]

編成[編集]

オーケストラは、フルート2、オーボエ2、C管クラリネット2、ファゴット2、C管ホルン4、C管トランペット2、ティンパニ弦楽五部、という編成であり、この他に合唱も加わる。

登場人物[編集]

残されたスコアに登場する人物のみ記す。

  • アーダ(Ada):ハートマー王の娘。アーリンダルと結婚する。
  • アーリンダル(Arindal):アーダの夫。
  • キャドルト(Cadolt):ハートマー王の敵国であった、モーラー王の息子。王子。
  • ハートマー(Hadmar):アーダのにして、国王。
  • アドムント(Admund)
  • ローラ(Lora)
  • ハラルト(Harald)

あらすじ[編集]

現在、書き伝えられているオペラ全体の筋書きは、以下のようなものである。 ハートマー王とモーラー王の国は敵対していたが、和解し、和解の証しとしてハートマー王は、娘アーダの結婚式に、モーラー王の息子である王子キャドルトを招待した。キャドルトはアーダに恋してしまい、アーダが礼拝堂を出るときに、キャドルトとアーダの視線が合う。この時、アーダは夫となったアーリンダルに「夫よ、あの見なれぬ人は誰ですか」と訊ねる[11]

深夜、アーダが寝室でアーリンダルを待っていると、キャドルトが窓から忍び込んでくる。アーダはキャドルトともみ合いになり、彼を城の中庭に突き落として殺してしまう。内心、キャドルトを愛していたアーダは、キャドルトの葬儀のとき、彼の棺の上に倒れて絶命する[12]

なお、本作に登場する、「アーダ」と「アーリンダル」という名前は、後に、ワーグナーの最初の完成されたオペラである『妖精』の主要人物にも使われた。

残された断片は、ハ長調、4分の4拍子、アレグロ・マエストーソの序奏で開始される。この部分の旋律には、G-Fis-F-Eなどといった半音階進行がみられる。18小節の序奏のあと、男声合唱が力強く歌い始める。ヘ長調に転じて女声合唱で新たな旋律が歌われ、再びハ長調に戻って冒頭の合唱が混声合唱で繰り返されると、キャドルトとアドムントが舞台に現れて、レチタティーヴォに入る。

悩ましげなキャドルトにアドムントが応じ、歌いおさめると、合唱が「見よ、見よ...」と歌う。アーダとアーリンダルが現れ、アーダは、第一声でアーリンダルに「夫よ、あの見慣れぬ人は誰ですか?」と訊ねる。短いレチタティーヴォを経て、登場人物7人によるト長調、4分の2拍子、アダージョ・モルトの七重唱となる。複雑な七重唱が終わると、ファンファーレの先導で、冒頭の合唱が回帰し、序奏の旋律が再現されて第一場の終結となる。

出典[編集]

  • クルト・フォン・ヴェステルンハーゲン著、三光長治、高辻知義訳『ワーグナー』白水社。
  • 渡辺護著『リヒャルト・ワーグナーの芸術』音楽之友社。

脚注[編集]

  1. ^ ヴェステルンハーゲン、60ページ。
  2. ^ ヴェステルンハーゲン、61ページ。
  3. ^ 同上。
  4. ^ 同上。
  5. ^ 同上。
  6. ^ 同上。
  7. ^ 渡辺、151ページ。
  8. ^ ヴェステルンハーゲン、61ページ。
  9. ^ ヴェステルンハーゲン、62ページ。
  10. ^ ヴェステルンハーゲン、60ページ。
  11. ^ ヴェステルンハーゲン、61ページ。
  12. ^ 同上。

外部リンク[編集]

《婚礼》フルスコア - 国際楽譜ライブラリープロジェクト内のページ。無料で楽譜PDFが入手可能。