太陽を抱く月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
太陽を抱いた月から転送)
移動: 案内検索
太陽を抱く(抱いた)月
各種表記
ハングル 해를 품은달
漢字 -
発音 ヘルル プムン タル
英題 The Moon That Embraces the Sun
テンプレートを表示

太陽を抱く月(たいようをいだくつき、해를 품은 달、ヘルル プムン タル)は、2012年から韓国MBCにて、全20話で放送された李氏朝鮮の架空の時代を舞台にしたテレビドラマである。日本では太陽を抱く月(たいようをいだくつき)という題名で2013年1月20日から6月23日までNHK BSプレミアム(毎週日曜21:00 - 22:00)にて放送。日本国内では韓国版DVDが「太陽を抱いた月」として販売されている[1]

登場人物[編集]

ホ・ヨンジェの娘。世子嬪に選ばれるが、ユン・ボギョンを世子嬪に据えたい大妃の意に反するため死の呪いをかけられる。チャン・ノギョンの策により助かるが、記憶を失い巫女として成長する。
世子。成祖と王妃(後に大妃)の息子。後に朝鮮王朝の王となる。死んだヨヌに思いを残し、王妃ポギョンを拒み続ける。
フォンとミナ王女の異母兄。成祖と禧嬪の息子。ヨヌに思いを寄せる。
ユン・デヒョンの娘。ヨヌとともにミナ王女の学友に選ばれる。ヨヌの死後、新たな世子嬪に選ばれ、フォンの即位後は王妃となる。
ホ家の使用人。奴婢だがヨヌは大切な友人として接し、そんなヨヌを慕っている。記憶を失ったヨヌを守り続ける。
ヨヌの兄。弱冠17歳で科挙の文科に首席合格し、フォンの講師に選ばれる。成祖にはフォンの片腕となることを嘱望されていた。後にミナ王女の婿となる。
フォンと陽明君の妹。成祖の娘。ヨムと結婚したいという幼い恋心を大妃に利用される。
陽明君とヨムの親友。ヨムとともに科挙の武科に首席合格する。フォンの護衛官。武芸の達人。
フォンの祖母。成祖の母。成祖の死後は大王大妃(テワンテビ)となる。宮廷を牛耳るために策をめぐらす。 
ポギョンの父。大妃の側近。権力を得るために大妃におもねる。領議政(ヨンウィジョン、宮廷の最高官職)。
星宿庁(ソンスチョン)の国巫(クンム)、都巫女(トムニョ)。朝鮮最高の霊力を持つ巫女。親友の巫女アリからヨヌを守ることを託される。大妃の圧力を受けヨヌに死の呪いをかける一方で、アリの願いを受けヨヌの死を偽装し助け匿う。
朝鮮王朝の王。フォンと陽明君・ミナ王女の父。
  • ホ・ヨンジェ:ソヌ・ジェドク
ヨヌの父。成祖の信頼厚い重臣。弘文館大提学。原因不明の病に苦しむヨヌを助けるためにノギョンから受け取った薬を飲ませ死なせたことを苦に自害。
ヨヌの母。貞敬夫人(チョンギョンプイン)。外命婦(ウェミョンブ、宮中外の女性)の最高地位。ヨヌを妊娠中にノギョンの親友の巫女アリを助けた。
  • チャンシル:ペ・ヌリ 子役:チョ・ミンア
天性の霊力を持つ巫女。幼い頃、詐欺を働かされていた時に陽明君に助けられたことがある。
  • ヒョンソン:チョン・ウンピョ
フォン付きの内官。世子時代からフォンが心許せる数少ない存在。

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 韓国盤[太陽を抱いた月 DVD 初回限定版(14 Disc)]”. 2013年2月12日閲覧。
NHK BS-プレミアム 韓国ドラマシリーズ
前番組 番組名 次番組
王女の男
(2012.7.8 - 2012.12.30)
※総集編を含む
太陽を抱く月
(2013.1.20 - 2013.6.23)
※総集編を含む
馬医
(2013.7.7 - 2014.6.29)
NHK総合 日曜23時台枠
ダウントン・アビー
華麗なる英国貴族の館

(第1シーズン)
(2014.5.11 - 2014.6.22)
※英国歴史ドラマ
太陽を抱く月
(2014.7.13 - 2014.12予定)
-