らぶきょん LOVE in 景福宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮 -Love in Palace-から転送)
移動: 案内検索
らぶきょん LOVE in 景福宮
ジャンル ラブストーリー
漫画
作者 パク・ソヒ
出版社 ソウル文化社
掲載誌 Wink
発表号 2002年 - 2011年
巻数 27
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト プロジェクト:漫画
ポータル Portal:漫画
らぶきょん LOVE in 景福宮
各種表記
ハングル
漢字
発音 クン
ローマ字 Goong/Gung
テンプレートを表示

らぶきょん LOVE in 景福宮 』(らぶきょん ラブ イン キョンボックン、朝鮮語: クン、ハングル: 궁/宮)は、韓国漫画家パク・ソヒによる漫画作品。原題の「宮」は宮殿や宮廷を意味する言葉である。

概要[編集]

原作者パク・ソヒが高校生時代、首露王陵수로왕릉)に遊びに行き陵内の建築物を見て回った経験を元に、ノートに描き上げた作品を原案としている[1]ソウル文化社서울문화사)刊行の漫画雑誌『Wink』(윙크)にて、2002年から2011年にかけて連載され、全27巻の単行本が発売された。外伝的作品も複数描かれている。

アメリカ合衆国イタリア台湾日本フランス香港でも各国語の翻訳版が出版されている。2006年にテレビドラマ化された他、2010年にはミュージカル化された。

立憲君主制という設定下の現代韓国を舞台とし、突然皇太子妃として王室に入ることとなった女子高校生と、王室の人々、特に夫となる皇太子との関係の変化や進展が描かれている。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

シン家[編集]

役名 作品中の設定等
シン・チェギョン 主人公。ソウルの一般家庭に育つ普通の女子高生。
娘思いの母親。娘がシンと結婚した事に伴い府夫人の称号を得る。常に彼女のことを心配している。
チェジュン チェギョンの弟。ヒョリンに恋をする。
祖父 先王の友人で、互いの孫同士を結婚させようと約束した。

王室(イ家)[編集]

役名 作品中の設定等
イ・シン 皇太子でチェギョンの夫。チェギョンと同じ高校に通う。
皇太后 前国王の王妃。シンとユルの祖母。
国王 シンの父親。シンに厳しく接する。兄の死により王位についた。
王妃 シンの母親で本名はハジョン。
儀嬪(ウィビン) 前皇太子(国王の兄)の妻でユルの母。夫の死後、ユルを連れてイギリスへと渡ったが帰国、ユルを王位につけようと暗躍する。
イ・ユル シンの従兄弟で王位継承権第2位。チェギョンに恋心を抱く。
イ・ソン シンの年の離れた弟。

その他[編集]

役名 作品中の設定等
ミル 韓国有数の財閥であるWK財閥の会長令嬢。ユルの婚約者であるが、正式発表はされていない。欲しいものを手に入れるためなら手段を厭わない。
ソンジ チェギョンのクラスメートで親友。チェギョンがシンと結婚してからも、度々相談に乗るなど変わらずに接する。
コン内伺 朝鮮王朝最後の宦官。本来ならば国王付きであるが、現在王子付きとなっている。

書誌情報[編集]


テレビドラマ[編集]

『宮 -Love in Palace-』というタイトルでドラマ化される[2]韓国MBC2006年1月11日から同年3月30日までMBC水木ミニシリーズ枠にて制作・放送した。全24話。このドラマに続く形で同様のコンセプトを持ったオリジナルドラマ『宮S』が制作されたことにより、本ドラマは『宮シリーズ』の第1弾となった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画: チェ・チャンウク、ペ・ジョンビョン
  • 制作: ソン・ビョンジュン
  • 監督: ファン・インレ
  • 脚本: イン・ウナ

韓国国外での放送[編集]

日本[編集]

2006年7月よりスカパー系放送局であるMnetで放送された後、同年11月から地上波民放局であるテレビ東京にて放送された。

関連商品[編集]

CD[編集]

韓国では2006年にEMIからオリジナルサウンドトラックが2種類発売された。日本では同年9月にポニーキャニオンからサウンドトラックCDが発売されている。

ミュージカル[編集]

2010年に『ミュージカル・宮』として韓国にて初演。初演のイ・シン役は、東方神起のメンバーであるチョン・ユノが務めた。

キャスト[編集]

京都公演
東京公演
2012年東京公演


脚注[編集]

  1. ^ 허혜진 만화 <궁>의 박소희 작가를 만나다 (朝鮮語) オーマイニュース 2005.1.24付記事
  2. ^ 渡部由佳 (2012年8月29日). “ドラマ『宮-Love in palace-』の原作! 韓国ロイヤルウェディング物語”. ダ・ヴィンチニュース. 2014年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]