天野尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天野 尚(あまの たかし、1954年 - )は、日本の写真家実業家、元競輪選手新潟県西蒲原郡巻町(現・新潟市西蒲区)出身。アクアデザインアマノの創業者で、ネイチャーアクアリウムを提唱した。また写真家としては、アマゾンボルネオなどの熱帯雨林の撮影に力を注いでいる。

略歴[編集]

1954年7月18日、新潟県西蒲原郡巻町に生まれる。16年間競輪選手として活動する一方で世界各地の熱帯雨林を訪れ、風景写真やエッセイを専門誌に発表するなどした。1982年、アクアデザインアマノを創立。アクアリストでもあり、自身のデザインした水槽のレイアウトをADA本社にネイチャーアクアリウム・ギャラリーとして展示している。近年は、豊富な自然体験をもとにした講演活動を、日本国内はもとより、ドイツ、イタリア、ポルトガル、ポーランド、ロシア、アメリカなど世界各国で行っており、2009年5月に世界環境写真家協会を設立し、写真家としても地球環境を守るための植樹の重要性を訴えているほか、地元新潟にある国際ペットワールド専門学校ネイチャーアクアリウムコースで観賞魚業界への就職を目指し学んでいる学生に特別講義も行っている。 2012年5月にオープンしたすみだ水族館の水草水槽のレイアウトを手掛けた。

写真集[編集]

  • 1992年 「ガラスの中の大自然」(マリン企画ISBN 978-4895121262
  • 1994年 「水—自然への回帰」(マリン企画、ISBN 978-4895121507
  • 2004年 「The Rio Negro」(マリン企画)
  • 2007年 「佐渡—海底から原始の森へ」(アクアデザインアマノ)

テレビ出演[編集]

主な写真展[編集]

  • 「『佐渡』海底から原始の森へ」

外部リンク[編集]