塩ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塩ラーメン

塩ラーメン(しおらーめん)とは、ダシタレで調味したスープに、茹でた中華麺を入れた、日本ラーメン

スープは、鶏がら豚骨を使用した出汁を塩ダレで調味したものであり、豚骨ラーメンのダシ(スープ)のように強く煮出す事が無いために混濁していない。

また、タンメンのように野菜などを炒めて塩味のスープを作り中華麺に掛ける調理方法を使用しないが、タンメンが広がっていない地域において混同するケースも見られる。

詳細[編集]

主に塩で味付けをする事から、同じラーメンの中でも食品中の塩分量は多い[1]

調理[編集]

丼に出汁と塩ダレを入れてスープを作り、茹でた中華麺を入れた後に具を入れる。

出汁[編集]

鶏がら豚骨その他の材料を煮込んで出汁を作る。

タレ[編集]

塩がメインとなり、醤油を使用する場合は白醤油や魚介類を使用した調味料を使用する事が多い[2]

[編集]

メンマねぎ、炒めたり煮た野菜や練り物(鳴門巻や蒲鉾)などがトッピングされる。エビ類を入れた『海鮮塩ラーメン』などのバリエーションも見られる。

調味料[編集]

胡椒が好みで入れられるように用意された店舗がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山口自然情報「食品中塩分」
  2. ^ 塩ラーメンのスープ(だし・タレ)の作り方・レシピ

関連項目[編集]