タンメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タンメンの一例

タンメンとは、茹で中華麺に、炒め野菜ダシとタレで煮込んだスープを掛けた日本料理。湯麺と表記する店も存在する。多くの場合はタレを使用してスープを調製する。

味噌ラーメンの中にも、肉野菜を炒めて味噌タレで味付けしたスープを作り、それを茹でた中華麺に掛けるという、同様の調理方法をとる場合もある。

中国語の「湯麺」は日本語読みでタンメンと発音するがこれは単なる「スープ麺」であり、本項目のタンメンとは異なる(後述)。野菜炒めや煮野菜をのせた「タンメン風塩ラーメン」を「タンメン」とする店もある。

概要[編集]

茹でた麺に、野菜たっぷりの塩味スープを加えた料理である[1]もやしニラニンジンキャベツキクラゲタマネギ豚肉等をごま油などの油で炒めたのち、鶏ガラなどのダシを加えて主に塩味の味付けとするが[2]、この際は鍋において強火で炒め煮するためにスープが濁る(または白濁する)場合がある。タンメンには、味噌風味のもの、具材にトマトなどを用いた酸味が強いもの、唐辛子ラー油などで辛い味付けとしたものなど、バリエーションが存在する。

主にラーメン店や中華料理店で供されており、バーミヤン幸楽苑のようなフランチャイズ店の他、日本各地にタンメン専門店が存在する[3]。野菜を炒めてそれをスープにするので、野菜炒めや煮野菜を載せるラーメンと比較すると手間が掛かるが、特徴があるラーメンである。

2005年12月(財)外食産業総合調査研究センター-農林水産省によると、栄養学的に良いラーメン店の外食サービスとして、

タンメン ・・・ 野菜の多いメニュー(麺、チャーシュー2枚、メンマ、葱、+ キャベツ、玉葱、もやし)主食1つ(SV) 副菜1つ(SV) 主菜1つ(SV)

と紹介されている。

麺は中華麺が使用されるが、平打ち麺を使う店もある[4]

タンメン(一人分)のカロリーは、およそ548kcalである[5]。具は次のような素材を使用して作る[5]

  • 中華スープ
  • キャベツ
  • もやし
  • にんじん
  • たまねぎ
  • ながねぎ
  • ピーマン
  • にら
  • きくらげ
  • 豚ばら肉
  • 芝えび
  • たこ
  • いか
  • はくさい
  • しいたけ
  • さやえんどう

小売店においては、チルド麺とスープがセットになった製品などが販売されている。

小売商品
  • 棒ラーメン タンメン風塩味 - マルタイ
  • トナリ監修 タンメン - ファミリーマート北海道沖縄県では取り扱わない)
  • 東池袋大勝軒 復刻 野菜盛りタンメン カップ麺 - エースコック
  • トナリのカップ麺! 濃厚タンメン 日清食品
  • 蒙古タンメン 中本 - 日清食品。日清のラーメン屋さん タンメン(チルド)
  • マルちゃん 太ひら麺の濃厚タンメン - 東洋水産 。マルちゃん タンメン3人前入り(チルド)
  • ホームラン軒 野菜タンメン - テーブルマーク
  • タテ型 ワンタンメン 50周年記念カップ タンメン味 2013年2月25日発売 発売地域:全国 - エースコック

歴史[編集]

発祥の地や歴史は諸説あるが、東京あるいは横浜が発祥地とされている。時期も戦前からあるという説と、戦後になって横浜にある中華料理店が最初に作った説[6]もある。

1964年8月には、即席めん「長崎タンメン」がタンメンブームをもたらしている[7]

2009年は、石神秀幸により「タンメン新時代到来」とされた[8]。タンメンと餃子をセットとした「タンギョー」[9]と言う言葉が広がった[10]

別の料理[編集]

塩ラーメンに野菜炒めを載せた料理とは違い[11]、野菜が入った塩ラーメンとも調理方法が違う[11]。手間が掛かる事もあり地方によってはタンメンを提供しないラーメン店や中華料理店があり、「タンメン」という商品名でも野菜が多い塩ラーメンであったり、広東麺などの野菜のあんかけラーメン(あんかけそば)の場合もある。

また、ワンタン麺担担麺(タンタンメン)は本記事のタンメンとは全く異なる麺料理である。中国における湯麺(スープ麺)は、中国では「麺」が粉食全般を指すことから、麺(麺条=細い麺の状態になったもの)料理のうちスープ麺(汁麺)であることを表す。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大峯食堂 昔ながらのタンメン 参考調理例 野菜を炒めた後に鶏がらスープを入れて煮込みながら味も調製している様子が良くわかる。麺の上に具が入ったスープを掛けて完成する。
  2. ^ 国立スポーツ科学センター アスリートのわいわいレシピ
  3. ^ 大阪府 マルイ精肉店の「マルイ式タンメン」、愛知県の「タンメン でこ」、富山県「らーめんハウス 天安」
  4. ^ 横浜たんめん
  5. ^ a b タンメンのカロリー : (1人分) 548kcal
  6. ^ 一品香
  7. ^ 日経BP 『調理法に変化をもたらしたタンメンブーム』 売れ行きがすごく、追随するメーカーが相次いだ
  8. ^ 双葉社 ラーメンSELECTION2010
  9. ^ 東陽町「トナリ」
  10. ^ 2011年09月23日 出没!アド街ック天国 東陽町BEST30の第11位
  11. ^ a b 塩ラーメンとタンメン

関連項目[編集]