四庫全書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四庫全書(荘子の書)

四庫全書』(しこぜんしょ、Sìkù quánshū)とは、中国朝の乾隆帝の勅命により編纂された、中国最大の漢籍叢書である。

全般著書は経・史・子・集4部に 44類、3503種、36000冊、230万ページ、10億字になっている(部数・巻数の数え方には数種あり)。実際に編纂に参加して正式に名前が登録された文人学者だけで400人を超え、筆写人員は 4000人余りである。

概要[編集]

全体の構成が以来の四部分類(経・史・子・集)によって分類整理されているため、四庫全書という。四部の書の表紙は、緑色(経部)・赤色(史部)・青色(子部)・灰色(集部)に色分けされた。広範な資料を網羅しており、資料の保存に多大な貢献をした反面、清朝の国家統治にとって障害となるような書物は、禁書扱いされ、収録されなかった図書は3,000点にのぼるという(代表例として、北方王朝に抵抗した南宋遺臣の著書である『十八史略』が挙げられる[要出典])。また、たとえ収録されていても、内容を改竄したり削除したりしている例が見られるため、扱いには注意が必要である。  本書の解題目録として、『四庫全書総目提要』200巻が作られた。

 また、中国国内の文献のみならず、日本やベトナムの漢籍も収録されている。日本のものとしては山井崑崙による『七経孟子攷文』があげられる。この書は、足利学校所蔵の古典籍をひろく引用し、綿密な考証をほどこしたものである[1]

沿革[編集]

文淵閣四庫全書(故宮博物院蔵)

集書の詔勅が発せられたのは1741年乾隆6年)。

1772年(乾隆37年)1月4日、類書校勘の為に全文を収集する目的で各地方官に命じた[2][3]

1773年(乾隆37年)2月28日、朱筠の上奏で蒐集書籍の解題を付し、完成後『四庫全書』と命名することが許可され[2]四庫全書館が設置され、編纂が開始された[4]

1782年(乾隆47年)、全書は完成した[5]

全書の正本7部、副本1部が浄書されて、正本は、文淵閣(北京紫禁城)・文源閣(北京・円明園)・文津閣(熱河避暑山荘)・文溯閣(瀋陽盛京宮殿)・文匯閣(揚州・大観堂)・文宗閣(鎮江・金山寺)・文瀾閣(杭州・聖因寺行宮)に、それぞれ収められた[6]。また副本は、翰林院に収蔵された。 保管には専門の書庫を設置したが、寧波天一閣を模範として設計している。書庫の前面に防火と消火用の池を開鑿し、後背に假山を作る。

各本は次のような経過をたどった。

  • 文源閣本は、1860年のイギリスフランス連合軍による北京攻撃により、円明園と共に焼失した。
  • 文宗閣本は、1842年のアヘン戦争で破壊された後、1853年の太平天国軍の鎮江攻撃によって消滅した。
  • 文匯閣本は、1854年の太平天国軍の揚州攻略時に破壊された。
  • 文瀾閣本は、1861年の太平天国軍の杭州攻略時に蔵書の大半が失われたが、その後、丁氏兄弟の尽力で復旧することに成功した。

現存するのは次の4部である。

全文[編集]

維基文庫に全文を共同入力中である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『中国史のなかの日本像』目録 二節文はその人の如
  2. ^ a b 内藤湖南「文淵閣の四庫全書」(『青空文庫』所収) http://www.aozora.gr.jp/cards/000284/files/1733_21578.html
  3. ^ 松浦章「『四庫全書存目叢書』箚記」(関西大学図書館フォーラム第6号(2001)) http://web.lib.kansai-u.ac.jp/library/about/lib_pub/forum/2001_vol6/2001_03_5.pdf
  4. ^ 『文淵閣四庫全書電子版』 http://www.skqs.com/skqs/compilation.aspx
  5. ^ http://zh.wikipedia.org/wiki/1782%E5%B9%B4
  6. ^ 中野美代子『乾隆帝 その政治の図像学』文藝春秋、2007年4月、pp245-246。

外部リンク[編集]