伊一三型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊13型潜水艦
Japanese submarine I-14 in 1945.jpg
艦級概観
艦種 一等潜水艦
艦名
前級
次級
性能諸元
排水量 基準:2,620トン 常備:3,603トン
水中:4,762トン
全長 113.70m
全幅 11.70m
吃水 5.89m
機関 艦本式22号10型ディーゼル2基2軸
水上:4,400馬力
水中:600馬力
速力 水上:16.7kt
水中:5.5kt
航続距離 水上:16ktで21,000海里(38,892km)
水中:3ktで60海里(111km)
燃料 重油:搭載量不明
乗員 108名
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm3連装機銃2基
同単装1挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
魚雷12本
航空機 特殊攻撃機『晴嵐』 2機
(四式一号一〇型射出機 1基)
備考 安全潜航深度:100m 

伊一三型潜水艦(いじゅうさんがたせんすいかん)は、大日本帝国海軍潜水艦の艦級。特殊攻撃機「晴嵐」2機を搭載する「水中空母」。巡潜甲型改2(じゅんせんこうがたかいに)とも言われる。


概要[編集]

伊四〇〇型潜水艦の計画縮小に伴い巡潜甲型(旗艦)潜水艦として建造していた伊九潜型とほぼ同型の甲型(旗艦潜水艦)を、伊400潜型の一部代替として途中から改装された。すなわち飛行機格納庫、射出機、クレーンなどが攻撃機「晴嵐」搭載可能なように装備された。この重量増加のためバルジが追加され、甲型仕様とくらべて速度でやや劣り航続力はかなり増した。伊13型は特殊攻撃機「晴嵐」を2機搭載する仕様である。

伊号第一三潜水艦と伊号第一四潜水艦、伊号第一五潜水艦、伊号第一潜水艦(2代目)の4隻が着工されたが、伊一潜と伊十五潜は未成であった。1944年から配備開始。伊号第一三潜水艦は消息不明となったが、伊号第一四潜水艦は終戦まで残存した。建造は全て川崎重工(神戸)。

同型艦[編集]

マル追計画艦。1944年(昭和19年)12月16日川崎重工業神戸造船所にて竣工。1945年(昭和20年)7月16日戦没(米側記録)。8月1日喪失認定。
改マル5計画艦。1945年(昭和20年)3月14日川崎重工業神戸造船所にて竣工。戦後米軍が接収。
  • 伊号第一五潜水艦 [II]
改マル5計画艦。1943年(昭和18年)4月30日川崎重工業神戸造船所にて起工、翌年4月12日進水したが終戦時工事90%で未成。
  • 伊号第一潜水艦 [II]
改マル5計画艦。1943年(昭和18年)6月24日川崎重工業神戸造船所にて起工、翌年6月10日進水したが終戦時工事70%で未成。1945年(昭和20年)9月18日台風により沈没。
  • 第5094号艦、第5095号艦、第5096号艦
改マル5計画艦。1943年(昭和18年)7月建造取り止め、計画のみに終わる。

戦歴[編集]

伊四〇〇型潜水艦の艦載機晴嵐が、東海地震本土空襲で完成が遅れ、ウルシー泊地の在泊艦船への米機動部隊への攻撃が、1945(昭和20)年6月12日頃決定された。作戦参加艦は第一潜水隊に編入された。部隊は伊四〇〇潜伊四〇一潜が攻撃部隊となり、伊号第一三潜水艦伊号第一四潜水艦は先行して偵察用の艦上偵察機彩雲をトラック島に輸送することとされた。これが両艦の参加した唯一の作戦(光作戦)であった。伊58号潜のインディアナポリス撃沈後厳重になった米軍の哨戒線で、7月16日に米護衛空母の艦載機と水上部隊によって伊13潜は撃沈された。しかし、伊14号潜は輸送に成功しトラックに入港。彩雲を陸揚し、作戦は成功した。しかし、終戦により第一潜水隊攻撃部隊の8月17日予定の攻撃は、ポツダム宣言受諾の休戦により、直前に電信で作戦中止。伊14潜はトラックより日本への帰途1945年8月27日に米駆逐艦ムアライUSS Murray,DD-576)(en)に拿捕された。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8
  • 雑誌「丸スペシャル」 日本海軍艦艇シリーズ 第13巻 (潮書房、1977年)


関連項目[編集]